<   2014年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

切磋琢磨2

以前にも『切磋琢磨』というテーマで書いたことがあるくらい
私は、この言葉が好きだ。

今年の終わりに、どうしても書き残しておかねばならないこと。
それが、彼の存在に他ならない。

私は今年で営業人生丸20年の節目を迎えた。
この十数年間は、自分との闘いであり、
自分の決めた営業目標に真正面から向き合ってきた。
残念ながら達成できなかった年もあったが、
この長い20年を振り返ると、自分は本当に恵まれた
営業人生を歩んできたと自負できる。

社会人に成り立ての頃は、先輩である池田さん、米澤さんや
師匠である山崎さんを目標に、早く追いつきたい一心で
我武者羅に走った。
営業4年目で全国家具営業コンクールで1位になってから、
自分の営業での目標は己になり、
高い営業成績を残すことより、まず自分が納得できるかが、
物差しになっていた気がする。

そして、営業マン20年目の今年、彼の存在が
ここまで自分の原動力となるとは正直思わなかった。

彼とは、パワーハウス本店主任の安藤 孝真君。
恐るべき可能性を秘めた営業マンです。
安藤君とは、今年の早い時期にどちらが1年間で
多く利益を上げるかを競う宣言をし合ってました。
最初は、彼の方から『今年は負けませんよ〜』と冗談混じりに
話してきたので、『おう!ダブルスコアつけたる!』って
冗談で返してました。

しかし、あるきっかけで、それが冗談では終わらないことになろうとは・・

それは、安藤君が売って売って売りまくったこと。
7月には、私の営業成績を軽く越えられ(しかもぶっちぎり!)
あれよあれよという間に、大差を付けられてしまいました。

なんだ?久しぶりに感じるこの衝動は・・
まさに1975年のロンドン!
ロンドン イズ バーニング!ジャカジャカジャンジャンジャーン!

俺に背中を追わせる男、安藤・・
こんなのは、新社会人以来やないかーい!

久しぶりに他人に対して本気出しちゃいました。(自分にはいつも本気ですよ)

結果はどうあれ、安藤君と切磋琢磨できた会社の環境で
とても楽しく仕事ができたことが何よりの収穫でした。

安藤君とは部署は違えど、二人して多くの記録を樹立した1年でもあった。
この記録は、対外的にどうこうというものではなく、
完全に自分たちの自己満足に他ならないものであるが、
この先も、必ずこれに挑戦してくる若い営業マンが出てくるだろう。
そう、記録は塗り替えられるためにある。

もし数年経って、この記録を元に切磋琢磨している
営業マンがいてくれるなら、それが本当に私たちが残した
存在意義なのではないだろうか・・

躍進元年の今年に、それが実現できたことに充実感を得た私でした。


最後に、安藤君!ありがとーう!!(来年も負けないぜ!)
[PR]
by tadamatsu-ken | 2014-12-30 15:41 | 私という人間

負けの経験

え〜、ご無沙汰しておりました。

ここまで期間の長い休稿は初めてですね。
もうブログやめたと思われていたでしょう?

いえいえ、まだまだ書きますよ〜

久しぶりに書く内容は、やっぱりこのタイミングで
お知らせしておくべきでしょう。
今年も、宅建試験落ちました。

今年は、今までで一番勉強したので、悔しさも一入でしたが、
できる限り頑張った上での結果でしたので、
ある意味清々しくもあります。
普段、仕事が捌けないので、仕事を9時くらいに終わり、
そこからジョイフルで深夜まで勉強。
これを3ヶ月半続けました。
正直、心折れそうになったり、ジョイフルで眠りこけたり
しながらも本番を迎え、当日は手応えまではいかないものの、
持っているものは出すことができたと思います。

今年で7回目のチャレンジでしたが、真剣に勉強したのは
その内3回くらい。そのすべてが1点差で涙を飲むことに…
やはり、まだまだ合格の域まで行けていないのですね。

今回の負けの経験を通じて、自分に足りていない能力が
はっきりしたのと、神様に 『おまえなんぞは、まだまだ不動産知識
足りていないのに資格を与えるわけにはいかん!』と言われている
気がしてなりません。

試験後に、O森氏が良いことを言ってくれました。
『宅建の試験は、9回10回受けてやっと通る人がいっぱいいる。
でも、長い時間かけてやっただけあって、実務に強い人が多い。
何のための資格か?それは、お客様が失敗しないように
お手伝いするための資格なんだと思うわけです。』

私のような長期資格チャレンジ派の人には力強い一言です。
確かに昔と比べて試験勉強から得られるものがたくさん出来てきたと思う。
それは、単純な知識だけでなく、不動産営業の心構え的なものまで。
営業マンは一生勉強や‼︎といつも思っていますが、
そんな機会を与え続けてくれる、自分の能力に感謝したいと思います。

笑って進むしかないでしょう〜はっはっは!
[PR]
by tadamatsu-ken | 2014-12-10 22:21 | 私という人間

営業パーソンのための自己改革ブログ


by tadamatsu-ken
プロフィールを見る
画像一覧