<   2014年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

先見の明

このブログで、営業マンに必要なスキルのひとつに『先見の明』があることを
少なからず書いてきました。
この将来を読み通す力は、営業マンだけでなく社会人として、
身につけておきたい力である。

この力を身につけるには、どんな努力がいるのだろうか?

常にアンテナを張っておくことは言うまでもなく必要だが、
それは、本や新聞を読むことやネットでビジネスサイトをチェックして
おくことで比較的簡単に吸収できることである。

しかし、このスキルを実生活で活かしていくことには、
ちょっとしたセンスを問われる。
今日は、そのセンスをもって『先見の明』を活かし切っている
実例を紹介しよう。

まず、この方々・・

b0164364_15381398.jpg


私の好きなROCKバンド『KISS』。
1973年のデビュー以来、約40年にも渡りROCKの最前線で活躍しているバンドだ。
このバンドのキーマンは、ベーシストのジーン・シモンズ。
ジーンは、デビュー当時からバンドのキャラクターづくりを完璧にこなしている。
白塗りメイク、其々のキャラ設定、バンドロゴなど。
音に関しては、そのド派手なビジュアルとは逆に、究極にシンプルな
ロックンロールに徹している。
これは、アメリカ版ビートルズをつくるという、ジーンとポールの
構想を元にされているらしいが、ビートルズのそれと同じく、メンバー全員が
メインボーカルをとれるという音の幅広さ、楽曲のバラエティーが今日までの
成功を支えていることに間違いはない。

ここからは、私の推測だが、ジーンは結成当初から、この長きに渡る成功を
予見していたのではないか?と思うのである。
その代表的な仕掛けが、白塗りメイク。

b0164364_1614594.jpg


バンドには、ファンに真似されるようなキャラが必要というのは、
既成の考え方だったが、これを考案したことの理由はもっと別にあると思う。
それは、ROCKバンドを長く続けて行くに必ず障壁になる2つ。
『メンバーチェンジ』と『老い』だ。
この白塗りメイクは、その2つをカバーする必殺アイテムだ。
私も2001年にキッスのライブを見に行ったが、そこで初めて観るキッスの
ステージは、恐らく1970年台から始まっているド派手なステージと何ら
変わらないものだろうと推測される。
ROCK低迷期の現在、黄金期を映像などで知る私たちROCK第2世代は、
今のROCKカリスマのライブを観て、その『老い』に直面してしまい、
出来ることなら、全盛期のライブをみて見たかったと思う。
しかしながら、キッスのライブにはそんな思いを感じさせるものは微塵にない。
オリジナルメンバーが居なくても、歳を取っていても
ド派手な衣装に身を纏い、メイクを施せば、誰もが1970年台にタイムスリップ
することができる。
この考えをジーン・シモンズは遥か彼方昔に考えていたのだ。
それが、先見の明と、その抜群のセンスが成せる技だ!

デビュー当初は色もん扱いされていたキッスは、今度、ROCKの殿堂入りを果たす。
その、派手さが取り上げられがちなキッスだが、多彩な楽曲の数々、そして、
緻密に練り上げられた初期設定が、ビジネス的にも大きな成功を納めている所以である。

もう一人、この日本で同じセオリーで成功を納めた男がいる。

b0164364_16433123.jpg


バカ殿は、本当はバカではない・・・

にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村
[PR]
by tadamatsu-ken | 2014-04-23 16:44 | 日常のプチセオリー

俺たちバブル入行組

先日、遅ればせながらドラマ『半沢 直樹』を観ました。
観たら、ぜったいハマってしまうやろうな~と思うものは、
なぜか観たくない衝動に駆られてしまう天邪鬼な性格の私。

人と違うことをしたいので、ドラマ半沢直樹とその原作、池井戸潤さんの
『俺たちバブル入行組』をシンクロして読みました。

池井戸潤著書につきましては、師匠の福岡の半沢直樹こと松信さんに
3年以上前から聞き及んでいましたが、これも素直に読むことはしないで
今日に至っていましたが、いざ、読んでみると、人気の出るのもわかるっちゅう
感じでしたね・・

b0164364_214579.pngそんな一般人になってしまった私でありますが、この本を読んだ人、ドラマ半沢直樹を観た人は、どんなふうに感じているのだろうか?ひとつ大きな疑問を抱いたわけです。
半沢直樹の方は、最終回視聴率が40%を超えていたという話を聞きました。国民の4割が食入るように観た内容ですが、どうも日本人特有の“右に倣え”的な匂いがプンプンしてなりません。
学校でも、職場でも言いたいことが言えない人が、そのストレスを主人公の半沢に投影させていただけかもしれません。
そういえば、タレントでも毒舌キャラが人気でるでしょ。坂上忍とか有吉とか・・結局、自分の考えを素直に言えない気弱な日本人が、代弁させて気持ちよがっているとしか思えないのは、私だけでしょうか??

話それましたが、池井戸潤作の銀行を舞台にした、巨大権力と闘う主人公の生き様を
描いたストーリーに私は、もっともっと自分が正しいと思うことを闘いながら貫き通して行こう!
と強く心に決めました!!

『出る杭は打たれる』って昔から言われてきてますが、
そんなん関係ない。気にしたら本当に正しいことなんて成し遂げられないと思う。
会社の上層部なんて、大なり小なり理不尽なことがあって当たり前だ。
それに関して、誰も何も言わないとそれが正当なことになってしまう。

劇中で、半沢の同僚の近藤が言うセリフが印象的だった。

『何かをしないことは、何かをすることより楽で簡単だ。
俺たちはロボットみたいになってはいけないだ。』

経営者は、多分に漏れずYESマンが好きだ。
経営者は、ある意味孤独なものだから、自分を受け入れ素直に行動して
くれる人を可愛がる。経営者に限らず、人は皆そうなのかも知れない・・

しかし、どうだろう?
人は間違いを起こす。判断にも狂いがある。
それを、ただ正しいと認める人しか周囲に居なければ、その判断の狂いも
修正されることはない。
それが経営ともなると、会社はあらぬ方向に進んでしうかもしれない。

たまには、人と本気でぶつかろうよ。
自分の意見を言おうよ。
会社のことを真剣に考えてみようよ。

そうしたら、おのずとやらなければならないことが見えてくる。
会議のあり方も変わってくる。
そして、会社も変わってくるんですよ。

私はそう思います。

たまにはこんな顔でぶちまけましょう!

b0164364_2494525.jpg



にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村
[PR]
by tadamatsu-ken | 2014-04-16 02:50 | 目から鱗本

営業パーソンのための自己改革ブログ


by tadamatsu-ken
プロフィールを見る
画像一覧