<   2014年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

靴を磨くは心を磨く

今月は毎週更新してて気分が良い柳澤です。

久しぶりに営業のお話をひとつ。

私たち住宅営業マンは、お客様のご自宅に伺い家に上がることの
多い職種でございます。
お客様からは、話し方や挨拶、立ち振る舞いなどで営業マンをチェックを
されることが多いが、実は、営業マンの靴をチェックしている人が意外と多い。

これは、20年営業マンをやっている私だから気づくことかもしれないが、
『営業マンあるある』の部類にいれてもいい事実です。

そして、このあるあるに気付いている営業マンは、やっぱり成績も良い。
私の福岡の師匠のひとりであるMさんも、靴はいつもピカピカでした。
特別高級な靴を履かれてはいなかったが、靴はいつも卸したてのような
状態でした。
そんなMさんに憧れていた私は、20代では靴など気にかけてはいなかったが
それから靴を磨くようになった。
そうしていると、お客様から『柳澤君はいつも靴が綺麗だね』と言ってくださるように
なった。たまにしか言われないが、口に出すお客様の方が希だから、実際は
もっと心で思われているのだろうな・・と思ったものである。

逆に言うと、汚い靴を履いていると、お客様の私に対する評価は下がっていく
ことだろう。お客様は見ていないようで、けっこう細かいことを観察しているものです。

実際、自分も人と会うときに、その人の髪型やスーツや時計なども見るが、
一番最初に目が行くのは靴だと思う。無意識だが、靴は必ず見ている。

やはり、靴が綺麗な人は、心が素直でしっかりした人が多いと思います。
↑自分のことじゃないですよ(^_^;)

若い頃は、上司に『靴を綺麗にしろ!』って言われてたけど、いっこうに自分から
磨くことをしなかったな・・当時は素直じゃなかったんですよね。

結論!営業マンとして成功したければ、靴を磨くべし!!

これも自分への投資のひとつです。
自分もおろそかにならないように、頑張りたいと思います。


ローリング・クリック!!
にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村
[PR]
by tadamatsu-ken | 2014-02-27 01:27 | 営業の仕事

チャーリー・ワッツの美学

人生の二択。あなたはどっちを選ぶだろうか?

ひとつのことに熱心に打ち込んで一瞬の栄光を手に燃え尽きる人生。

周りから地味に思われながらも、永く同じことをひたむきに貫き通す人生。


前者は、言わばPUNKだ。
若くして弾けて散っていったシドやジミヘンやジャニス、ブライアン・ジョーンズは
その一瞬の煌きが数十年経った今でも失われることはない。
そんな生き方に10代のころから憧れていた私は、常に一瞬の輝きを
求めて生きてきたのかも知れない・・

しかしながら、43歳になった今、
物事を別の角度で見れるようになってきた。

生き方の美学が最高に素敵だと思う人は数少ないが、
私にとっては、チャーリー・ワッツがそのうちのひとりである。

チャーリーは、ローリングストーンズのオリジナルメンバー、ドラムを担当している。
ストーンズと言えば、ミックとキースだと皆が言うけれども、
私はチャーリーが大好きだ。(ミックとキースも好きだけど・・)

チャーリーは、とても素敵な人間だが、目立ったロックミュージシャンという
わけではない。ストーンズと言えば『不良』というイメージだが、チャーリーには
私はそんなイメージを持ったことがない。

しかし、半世紀もの間、世界最高のロックバンドの一員として
どこかでケツ割ることもなく続けてきている。
私にとって、人生の二択の後者を実践している貴重な存在なのです。

そして、今ではチャーリーの生き方そのものが私にとっての目標となっています。

どんなことでも、永く続けていくことの方が難しいものです。
一瞬の瞬発力で出した結果なんてしれています。

そんな私の目標であるチャーリーの生き方に、影響を受けて
貫いている自分の信念があります。
チャーリーは、実はローリングストーンズ加入前からジャズをこよなく
愛してたわけです。ロックバンドのドラムがジャズ好きって変でしょ?
自分が10代の頃は、ドラムのバチをマッチドグリップではなく、ジャズミュージシャン
のようにレギュラグリップで叩くチャーリーに違和感を感じていましたが、
今は、その様が実にカッコイイと思います。

チャーリーは昔のインタビューでこう言っています。

『今でも自分はジャズドラマーだと思っている。ジャズドラマーがたまたま
世界一のロックバンドに入っているってことだよ。』

これが、チャーリー流、永く続ける美学なんだと私は考えます。
平たく言うと、好きなんだけど、どこかどっぷり浸からない!ってこと。
自分を第三者的位置に置いておくということ。

私も、実はそんな気持ちで働いている。
周りからは、おそらく『THE働きマン』みたいに思われているかもしれないが、
最終的には、自分はこの会社で絶対必要な人間だとは思っていない。
そういう意味では、営業という仕事を自分の絶対に置いてはいない。

ただ、パワーハウスという会社に魅力を感じ、自分のステージとして
実力を発揮できる場だと思っているから自分はここにいるだけだと・・
そんな想いで基本的に働いている。執着心はない。

チャーリーが言うように、ほんとたまたまいるだけなんでしょうね。

でも、チャーリーのように片意地張らずに自然体でやっていれば
いつのまにか永い時間を良いテンションで、常に一線で活躍できるのかも
しれません・・・

b0164364_2454850.jpg


今日でまた歳食いました・・
しかし、70歳超えてもチャーリーのように自然体でスマートに生きてたいものです。


にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村
[PR]
by tadamatsu-ken | 2014-02-22 23:56 | 人が言っていた私が共感する言葉

復活!!!

このコーナー半年ぶりです。
ってか、いつも暑苦しい内容なので、半年に一度は軽いの
行っとかんとですね(^O^)
え?もっと入れろって・・(^^;)すんまへん

今回の『営業マンの昼ご飯』は、タイトルにあるように
復活のお店紹介です。
大野城空港バイパス沿いにある『カレーの二重丸』です!

まぁ、復活と言っても私の中の話で・・
ずっとあったらしいのですが、昔、東区和白の交差点にあった時には
もう私のヘヴィローテーションだったので、懐かしさのあまり
車運転中にひとりで
『おーーー!!会いたかったーーーー!!!』
と絶叫してしまいました(笑)

昨年から、大野城市に行くときには必ず寄るようにしてまして、
今回で3回目、前の時より味が変わっていたらどうしよう??とかも思いましたが、
3回行ってうまかったら掲載しようと考えておりました。

では

半年ぶりです

b0164364_20363911.jpg


もとい

b0164364_1135174.jpg


『ほうれん草ベーコン半熟卵カレー』と『サラリーマン金太郎』です。
サラダとアフタードリンク付きで650円!!
おかえりー二重丸(´∀`)♡

とにかく、二重丸はサラリーマンの強い味方です。
いつ行っても客の9割はおっさんです。
広い店内には、膨大な数の漫画が綺麗に並べて置いてあります。
その居心地の良さは、コンクリートジャングルで働くサラリーマンの
数少ないオアシスのような場所です。

そして、私の愛読書『サラリーマン金太郎』を再度読んで熱くなれるこの喜び!

早い安いうまいの3拍子揃ったカレーの二重丸、
戻ってきてくれてありがとーーーー!

実は、5年前、このブログの第五回営業マンの昼ご飯で紹介しているのですが、
読み返したら、ほぼおんなじ内容だった・・( ̄◇ ̄;)
バックナンバー

成長してないってことかしら・・・

b0164364_20505417.jpg


リアングループの社長!
東区での復活をせつに願う!!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村
[PR]
by tadamatsu-ken | 2014-02-11 20:53 | 営業マンの昼ご飯♪

あなたはどんな会社で働きたいですか2

仕事の本来の目的とは、どこにあるのだろうか?



いきなり、かたっ苦しくてすみません。
そんなブログなんです・・


仕事の目的。

これをどこに照準を当てるかで、その人の成長度合いがわかる。

お金をいっぱい稼ぐことか。

できるだけ楽にやることか。

早く帰ってプライベートを楽しむことか。

休日をいっぱい取ることか。


20代社会人のほとんどが、こんなところに仕事の目的を
見出している人が多いかもしれません。

だから、辞めちゃうのか・・

全てを否定はしたくないけど、
それらが根底にあると、どこの会社でもやることは変わらないということになる。
もちろん仕事の内容も選ばない。
とにかく、そこそこの給料がもらえて、時間の拘束は少なく、休みも多く、
簡単な仕事が、一番人気の企業ということか・・

そんな会社は無いし、あったら間違いなく早々に潰れてしまうやろうね。

そもそも、中小企業の70%以上が赤字会社なのに、
中小で、そんな経営してたらジ・エンドです。

会社は、マンパワーで動いている。
業種にもよるが、特に建築業の場合、長く働く人が多いと
必ず業績が上がる。
なんでもそうだが、仕事にはキャリア(経験)が必要だからだ。

人が揃えば、あとは経営者次第で黒字に簡単にできる。
経営は奥が深いが、やるべきことを社長も社員も当たり前に
きっちりやれば、赤字になるわけがないと私は思う。

おかげ様で、私が勤めるパワーハウス㈱は、黒字企業です。
中小企業の30%内にある選ばれし会社です。

で、最終的には、これが言いたいのですが・・


仕事の目的とは、それをやることによって何が得られるのか、
その得たものを、どう自分の人生に活用していくのか

だと思います。

そして、このように仕事によって自分を成長させやすい会社は、
赤字会社より黒字会社だということ。

私が、この会社にいる理由もある意味これが大きい。

あなたは、どんな会社で働きたいですか・・



にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村
[PR]
by tadamatsu-ken | 2014-02-06 23:40

営業パーソンのための自己改革ブログ


by tadamatsu-ken
プロフィールを見る
画像一覧