<   2013年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

聖人

今年も大晦日となりました。

今年は、公私ともに波乱の一年でしたが、営業実績は過去最高記録を
樹立!!営業魂と意気込んでるだけに、恥ずかしくない結果だけは
残せました。

今年ほど、このブログを更新しなかったことはなかったですが、
2013年最後の締めとして、どうしても書いておきたい内容が
ありましたので、がっつり綴らせて頂きます。

まず、今年読んだ数少ない書籍の中から、文章抜粋して
ご紹介します。

その本は・・こちら!

b0164364_15544899.png


超訳 吉田松陰 『覚悟の磨き方』です。

この本の 『士』 LEADERSHIPの章に書いてあるこの文章。

賢い人というものは、
たいてい権力からの心付けとか、接待を受けようとせず、
“媚びない態度”というものを貫こうとするものです。
それで出世の道が遠のき、
思いがけない嫌がらせを受けることもありますが、
清潔なイメージを保つことができます。
「あいつは金や権力に汚いやつだ」と罵られるよりも、
よほどましだと思っている人の生き方です。
しかし、いわゆる『聖人』といわれるレベルの人となると、
全然そういう態度ではないようです。
気にせず、受け取りますし、招かれます。
かの孔子もそうでした。

思うのですが、

本当にすばらしい人物は、なにもこだわらないのですね。
まるで鏡のように澄み切った心で、
どんなことも、どんな人も、あるがままに受け入れてしまう。
正義感あふれる人と会うときには、
その正義をたのしみますし、
礼儀正しい人と会うときには、
その礼儀をたのしみますし、
相手が正義も礼儀もない人だったとしても、
たった今、正義や礼儀を身につけたというなら、
以前におかした罪や、無礼をとがめることもありません。
もちろん、「また悪さをするんじゃないか?」
「礼儀正しいのも今だけじゃないか?」と疑うこともしません。
つまり人をジャッジしないんです。
しかし、ここまで態度の清らかな人物は、
よほどの心の持ち主だと思います。
私もこの境地まで達してみたいものです。



この文章を読ませて頂いて、頭の中に浮かんだ人が三人。

一人目が・・

b0164364_16164535.png


それほどファンというわけではないが、
やっぱり、北島三郎はすごいですね。
今日が紅白最後らしいですね・・
今夜は、『祭』を心に染み込ましたいと思います。


二人目が・・

b0164364_16442439.png


言わずと知れた経営の神様。
松下翁の言葉ひとつひとつに重みがあり、
営業に従事する人すべてにとって大切な存在ですね。


そして三人目が・・・

b0164364_16213399.jpg


只松建設株式会社2代目取締役社長(現 相談役) 只松 洋一さんです。

私が入社した11年前は、只松 洋一さんが社長でした。
今は、3代目として只松 幹雄社長が只松建設を引き継いで頂いてます。

私は、只松 洋一さんを尊敬しています。
吉田 松陰が提唱した『聖人』とは、こういう人のことを言うんだと思います。

すべてを受け入れ、決して欠点や悪いところを批難しない。
威厳や権力を使わず、心おおらかに見守ってくれる。
会社を愛して止まない。
そして、誰からも愛される存在・・

こういう人の近くにいると、自分の小ささに気付かされます。
この自分の小ささに気付かせてくれる存在ほど有難いものはないです。

テレビや書籍でしか、その存在を感じられないより、
身近な人に、その存在を感じて生きていきたい・・

私はそのように思います。

それにしても、3人とも心穏やかな表情をしていますね・・

私もいつか、この境地に達してみたいものです・・・



今年も拙いブログにお付き合い頂きまして誠にありがとうございました。
来年も宜しくお願いいたします。
にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村
[PR]
by tadamatsu-ken | 2013-12-31 17:00 | 俺の隣のおっとこ前たち

全店達成!!その裏舞台では・・

11月は、なかなかキツい1ヶ月でした。
毎日時間に追われ、商談の毎日で、睡眠時間も3~4時間。
それでも、1年の結果は11月で決まると言っても過言ではありませんからね。
なんとか精一杯の努力はしました。

我ら住生活事業部も、前半のつけがまだ返済できていない状況で、
なんとしても黒字に持っていかなければならない!!
との信念を貫き、怒涛の追い上げをすることができました。

昨日の月初会議では、全店達成という成果を報告することができ、
その後の、達成会では全員の努力を賞賛し合いました。

そんな中、感動した話があります。

本日は、ちょっとだけそのことを書かせて頂きます。

11月29日に、うちの事業部は目標達成したのですが、
その時点では、三苫塩浜通り店だけ達成してなかったのです。
ちなみに、パワーハウスでは、毎朝、前日の達成状況がメールで
全社員に発信されることになっています。
なので、どこが達成していて、どこが達成していないのか、
個人では誰が達成していないかが、はっきりわかるのです。
(このシステムは個人的に気に入っています)

そして、11月30日最終日。
三苫塩浜通り店の達成状況は71%でした。
朝のメールの段階では、誰もが今月は、三苫店は達成無理か・・
と思ったと思います。

しかし、この男はそうではなかった。。。


俺の隣のおっとこ前シリーズ13人目に紹介するのは、この人です!

b0164364_23321118.jpg


社員のみなさんは、森郎だと思ったでしょ?

確かに、最終日にやり遂げてくれたのは、森郎です。

ただ、森郎の弟子として、急成長を遂げているこの男、
安藤 孝真君が、最終日に森君に言った言葉に私は感動しました。

『森さん!僕のお客さんで契約が決まっている人がいます。
それを森さんの契約であげてください!そして、全店で達成しましょうよ!!』

なかなか言える言葉ではありません・・

営業マンは、社内と言えどライバル関係にあります。
あの人に負けたくない、あいつより良い成績を残したい・・
そんな気持ちは普通に湧いてきて当然です。

だけど、自分の師匠たる森君が困っているなら助けたい。
それは、今まで助けてもらってきたから何かで役に立ちたいという
先輩と後輩の間に信頼関係があってこその、『愛』だと思うのです。

もちろん、森君はその契約をもらったりなんかしていません。
その言葉で勇気づけられたのかもしれませんし、
また、後輩には、まだまだ力を借りたくない!と奮起したのかもしれません。
ただ、森君は、最終日にミラクルをやってのけました。
彼と話す時には、いつも『達成しないとカッコ悪いじゃん』と言います。
森君の頭の中には、0か100しかないんだな・・って思います。
99%の達成は0に等しく、男なら100%だろうという信念です。
私も同じことを感じています。

そんな男前な森郎と、その信念をちゃんと引き継いで
新しい会社の波を作り出してくれている安藤君。

昨日、達成会の場で、これまた男前たろうちゃんにその話を聞いて、
私は深く感動して、思わず安藤君を抱きしめてしまいました。
(安藤君は、なんのことかわからず、酔っぱらいのおっさんやと思ったでしょうが・・)

宴も最後のほうで、たろうちゃんと二人で会場をを見渡し、

この会社も変わってきたね・・とつぶやきました。

社員一人ひとりがほんとに活き活きした顔をしていました。

そして、もっともっとこの後輩たちが働きやすい環境を作っていかないと
いけない!とも思いました。

一人の100歩より、100人の1歩・・

数年前に社長が提唱したこの言葉が現実になろうとしています・・・



魂のクリックよろしく!
にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村
[PR]
by tadamatsu-ken | 2013-12-03 23:08 | 俺の隣のおっとこ前たち

営業パーソンのための自己改革ブログ


by tadamatsu-ken
プロフィールを見る
画像一覧