<   2013年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

『個』への賛辞

営業魂なのに、最近営業のこと書いてないな~
なんて思ったりしている柳澤です。

ということで、営業話を書かせて頂きます。

営業マンにとって、お客様になんて言われたら達成感が得られるか?
が、本日のテーマです。

お客様が契約または引渡しに言ってくれる言葉で、あなたなら
どんな言葉が嬉しいですか?

『良い工事をしてくれたね。ありがとう。』

『お陰様で快適になりました。』

『夢のマイホームを建てることができて感謝しています。』

『他社より安く建築できてよかったです。』

『みなさん感じの良いスタッフの方たちですね~』


どれも、嬉しくなる言葉ですね。
お客様から戴く賛辞の言葉はどんな言葉でも嬉しいかぎりです。
中には何かの失敗をしてしまって、お叱りをうけることもあります。
なので、お客様が喜んで頂いているだけで、ほんとにお手伝いさせて
頂いて良かったな~って思えます。

だけど、私の営業人生の中で、お客様から頂いて一番嬉しかった言葉は、

『あんたやから契約したのよ。』

だったりします。
この言葉に凝縮された意味ははかり知れませんが、
この言葉ひとつで、今までの苦労がスーーーっと消えます。

営業マンのモチベーションは、なかなか均衡を保つのが難しかったり
しますが、こんな言葉を頂けるだけで、自分の自信になり、もっともっと
前に進める原動力になるのです。

もちろん、『個』だけの賛辞のみではいけません。
『個』の集合体が会社なわけですから、最終的には会社を良く思ってもらわないと
いけません。

しかし、帰属意識の高い『個』は、必ず会社に貢献し、利益をもたらす。
だから、『個』を前面に出す前に、自分が会社の一部として機能していることを
忘れてはならない。
『個』を人間の一部と例えるなら、『個』は目であり、鼻であり、口であり、耳である。
それぞれ、キラキラした目やスッとした鼻だったり、上品な口元だったり、かわいい
耳だったり、個の集合体が人間を形作っている。
当たり前の話だが、会社を人間に置き換えてみれば、はっきりわかる。

会社という枠の中に、人間を押し込めてはならない。

そもそも会社の実体などなく、社員の集合体が会社なのではないだろうか?
優秀な人でも、ひとりでは何も出来ない。
社員があって、会社が成り立つ。

だから、社員が『個』としてお客様に褒められるのは、
会社に対して、『綺麗な目をされていますね』とか、
『腹筋が割れててカッコいいですね』なんて、体の一部を褒められている
のと同じこと。

自分の体の一部でも褒められると嬉しいもんです。

私はもっと、もっと褒められるように努力していきたいです・・


にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村
[PR]
by tadamatsu-ken | 2013-08-29 23:45 | 営業の仕事

追悼・・冨士夫さん

最近、私にとって愛すべき人たちがこの世をあとにする・・

山口 冨士夫

ミュージシャン、日本ロックの祖、日本パンクの祖・・

京都を中心に活動していた村八分のギタリストとして活躍し
京都出身の私には、身近に感じることがあった冨士夫さん。

一度だけ、京都のとある場所でお会いした時に、
こんなにもオーラがある人を見たことがないと思うくらい
輝きまくってった冨士夫さん。

8月14日路上でアメリカ人に突き飛ばされて脳挫傷での死・・
人の死なんて、こんなにもあっけないものなのか?

悲しい・・

今日は、村八分聞いて眠ります。

b0164364_1433986.png


b0164364_1442213.jpg


b0164364_145136.jpg


b0164364_1453496.jpg



最近、暗い内容ばかりで・・m(__)m
[PR]
by tadamatsu-ken | 2013-08-18 22:32 | 私という人間

Y社長の魂

もうお盆ですね・・
1年早いな~

お盆は、いつもブログを更新しておりますが、
今年も私は受験生007.gif
3日間はお勉強の日々を送りたいと思います。

ただ、今年はどうしてもしなければいけないことが・・
それは、昨年亡くなられたE不動産のY社長へお別れのご挨拶に行くこと。

昨年、その社長から1本の電話を頂きました。
その電話の内容は、なかなか売却できない中古住宅をリフォームして
売れるようにできないか?という相談でした。
いつも、お客様のために儲からない仕事でも引き受ける
人の良い社長でしたが、今回もそんな相談を受けた私・・
『なんとかやってみましょう!』と答えて、
約束の時間に糟屋郡須恵町の売主様宅に行ったのでした。

しかし、お客様のところで待ってたのですが、
肝心の社長が来ない・・
30分待っても現われないので、お客様と話していましたが、
それでも来ないので、携帯に電話するも留守電にしかならない。
9年間のお付き合いの中で、こんなことは初めてだった。
いつも、私が着く前に待ち合わせ場所にいた社長。
いつも心配症なのか、困った顔で待っていた社長。
優しい笑顔でお客様に相談に乗っていた社長。
不器用だけど一生懸命仕事をしていた社長・・・

実は、待ち合わせの日の2日前に社長は、この世からいなくなっていたのです。
待ち合わせの日が、社長の葬儀の日だったのです。

何回電話しても、出てくれることはないはずです。
私が訃報を知ったのは、それから1週間以上経ってからでした。
これは、病気で入院しているか、何かのはずだと思って、
知り合いのT社長に電話した時に、初めてY社長が亡くなられたことを
知ったのでした。

今から10年前に、只松建設に入社してほどない私の1棟目の新築契約の
時に、土地の仲介をして頂いた不動産業者の社長がY社長でした。
たくさんの不動産屋さんのなか、もともとハウスメーカー出身だった
Y社長は、建築屋の営業マンの気持ちを理解してくれる希少な存在でした。
それから9年間、ほんとうに可愛がってもらい、たくさんのお客様と
ご縁を結んでいただきました。

そんなお世話になったY社長とちゃんとお別れが言えずに今日まで
心がすっきりしない状態でした。
本日、朝一で社長のご自宅に訪問しました。
そこには、笑顔のY社長の遺影がありました。

遺影の前で手を合わし、心の中で、『お帰りなさい』と語り掛けました。
今まで9年間のお礼を告げて、やっと私とY社長とのお別れが済みました。

Y社長との別れはすごく寂しいことだけど、
遺影を見つめていたら、『柳澤君!これからもお客様のために頑張れよ・・』
と、言われているような気がしました。

最後の相談電話の3ヶ月前に余命1年の宣告を受けていたと本日知りました。
自分は残りの時間が少ないことを知っていたのに・・
自分のことを後回しにしても、お客様のことを一番に考えていたY社長。

その考えが、私の営業魂の一部でちゃんと生き続けています。

Y社長・・ほんとうにありがとうございました。




にほんブログ村
[PR]
by tadamatsu-ken | 2013-08-13 23:13 | 私という人間

営業パーソンのための自己改革ブログ


by tadamatsu-ken
プロフィールを見る
画像一覧