<   2012年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

11月11日は耐震の日

11月11日は、『ポッキーの日』って昨年盛り上がってましたけど、
今年はまったく聞かなかったですね・・
お客様の子供さんに、『今日はポッキーの日だね!』って言うたら、
『なにそれ?』って、一蹴されてしまいやした・・トホホ

では、本題に。
今日のテーマは、『耐震』です。
本日、まことに有難いことに、K様と耐震補強工事の契約をさせて頂きました。
K様は、築35年の中古住宅を購入されたお客様です。
気に入った住宅地に、予算に合った価格、間取りも気に入られてました。
が、どうしても心配な事が2つありました。
この家はあとどれくらい持つのか?という疑問と
この家の耐震性・・

そこで、当社の出番です!
我々、パワーハウスは何を隠そう、西日本で一番多く『耐震調査』を実施している
会社なのです。
まぁ、数えた訳ではありませんので、話半分に聞いてもらえればいいのですが、
我々が会員になっている日本木造耐震協会が、日本で一番大きな耐震の共同組合
なので、そこの情報によると、西日本で当社以上の調査実績を有している会社は
無いと聞いておりますから、あながち間違いではないと思います。
年間100棟以上の調査をしている会社があれば、「ちょっと待った~!」と
異議申し立てください~

で、K様が購入された中古住宅も、売り主の会社様からの依頼で
事前に耐震調査をさせて頂いていた物件だったのです。
築35年は、さすがに大幅な耐震補強工事をしなければならなかったのですが、
工事の必要性と信憑性を理解して頂き、本日工事の請負契約と相成ったのです。

そもそも、当社が耐震調査および耐震補強工事の提案をしている最大の理由は、
『大地震が起こった時に、一人でも多くの人命を救うため』なので、
お客様に、その意図を理解して頂き、1軒でも多くの住宅を耐震化していけるのは、
営業マンとしても、本当に嬉しいことなのです。

静岡県や愛知県では、全住宅の耐震化率が80%や90%と言われています。
阪神淡路や東北震災は、もはや対岸の火事ではないというのは、国民承知の
事実であります。
しかし、まだまだ住む人々の意識が低いのと、耐震化をどうして実施したらよいのかが
わからないといった根本的な理由で耐震化が進んでいないのも事実です。

私たちは、住まいの流通を通じて、安心・安全な住まいを提供し、
住まいを『金融資産』に変えていくためのお手伝いをする会社です。
(金融資産にする話は、また別の日に書かせていただきます。)

来たるストック循環型社会に向けて、当社は『耐震』のトップランナーとして
走り続けていきますよ066.gif

このカテゴリーでは、書くこと多いです。
徐々に情報発信していきたいと思っております029.gif

クリックよろしく
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by tadamatsu-ken | 2012-11-11 23:27 | マイホームを考えているお客様へ

人には自分の通る『道』というものがある。

私の場合、23歳で社会に出て、営業という『道』を選んだ。
それから18年間、こと自分の進んでいる『道』については、
ブレることなく、真っ直ぐに突き進んできている。

自分の『道』を見つけるのは大変なことではあるが、
これだ!と思える『道』を選んだのであれば、
行けるところまで行くしかない。

自分の足元を見て歩くのも大切なことだが、
私は、『道』の果てしない先を見て歩いていくことをお勧めする。

この先に何があるのか?
何もないのではないか?
自分の求めているものじゃないのでは?

そう思うと、真っ直ぐには歩けなくなる。
横の道が気になり、足元が気になり、降ってくるはずもない
物体から自分を守らずにはいられなくなる・・

道の先には何があるのか・・
そこにはきっと素晴らしい何かがあるはずだ。
自分が求めている掛替えのないものが必ずあるのだ!

私は、そう思ってひたすら自分の決めた『道』を歩く。
大河の如き大きく太い道のど真ん中を堂々と歩く。

それが自分らしく生きること。

それが自分の人生なのだと確信して・・・




道の向こうに何がある?
クリックよろしく!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by tadamatsu-ken | 2012-11-08 23:17 | 営業の仕事

営業パーソンのための自己改革ブログ


by tadamatsu-ken
プロフィールを見る
画像一覧