<   2012年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

一流志向

今日は、ゆる~いアウトプット話です。

私は、昔から車とかバイクなどというものに余り興味がなく、
唯一といって良いほど、腕時計が好きです。
腕時計って外にいる時は、常に身に付けているものでしょう?
それに、チラって見えるところで、何気に自分の好みを主張しつつ、
洋服とのコーディネートを楽しめる。
男にとっては、なんとも重宝するアイテムだと思うのです。
(つーか、男は自己主張できるものがほとんどないですよね・・)

だから、5年くらいの間、お金を少しづつ貯めて、少々高級な時計を買おうと
欲しい物を我慢してコツコツ努力した。

その当時、候補にしていた時計トップ3がこちらです。

b0164364_23521771.jpg


タグ・ホイヤーの『モナコ』という時計です。
色はブラウン、ベルトは蛇皮の型押しが私の好み♪
ホイヤーは、レーサー用時計として有名で、この『モナコ』も
知っての通り、F1開催地のモナコから取った名前。
私は、先述したように車に興味がないので、そこらへんはどうでも良いのだが、
このデザインの独自性は、なかなか他の時計と一線を画するものがあります。
一生に一度は身に付けてみたい名品だと思いまする。

b0164364_001944.jpg


こちらはブライトリングの『スパシオグラフ』です。
昔から好きな時計だが、残念ながら1990年代に生産中止になってるので、
今はUSEDでしか手に入らない時計です。
色は、ブラックとホワイトがありますが、私は断然ホワイトですね。
ブライトリングのロゴが、現在のロゴよりビンテージ感が出ているのがよかです。
ブライトリングは、パイロット専用の時計と言われていますが、
この『スパシオグラフ』は、ヘリコプター操縦士専用というかなりのレアアイテム。
一般的なデイト表示の逆位置(9時の方向)に10分計測器が付いています。
これは、ヘリコプターの羽を暖気するのに必要とされる時間を計るためのものらしい。
日常でも10分で仕事をこなしたい時などは、あえて時間を計ったりするのにも
役に立ちそうな実用的な機能だと思います。う~ん欲しい・・・

最後にこちら・・

b0164364_0112329.jpg


ベタと言われようが、ぜんぜん構いません。
これぞ腕時計界の若大将!
ロレックス『サブマリーナデイト』です。
こちらは、名前の通り、ダイバーズウォッチですね。
潜水時間を計れるように、ベゼルが回転したり、その回転をする時に
手袋をしていても回せるように、ベゼルの周囲がギザギザになっていたり、
なかなか随所に工夫をしてある時計です。
このデザインは、普段着でもスーツでも合わせやすい特徴があります。
それでいて、ちゃんと自己主張ができている。
うんうん・・やっぱ買ってよかった^^
こちら4年前に「一生物やー!」と奮起して購入したのですが、
4年経った今でも、毎日の生活に花を添えてくれているアイテムですね。

ほぼ唯一の私が所持する一流品ですが、
一流の物を身に付けるということは、ちゃんと意味があることだと
思うようになりました。
クオリティの高いものを、愛着を持って、末永く使うことは、
意識として持っておいたほうが良い考えだと私は思う。

自己満足だ、ステイタスだという前に、
高クオリティ思考からくる、物へのこだわりは、クオリティの高い仕事を
するための意識と相通じるものがある。
時計でも、財布でも、装飾品でも何でもよいが、そんな物を通じて、
人間的にクオリティ思考、上昇思考、センス力を感じさせられるようになりたい・・
そんなふうに思う私でございます。

たまに、物欲を出しても良いと思います。
欲だけで終わらぬ、ちゃんとした理由があるのなら・・・


家のクオリティもこだわって欲しいですね~
クリックよろしくです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by tadamatsu-ken | 2012-08-19 23:42 | 私という人間

阪急電車

ひっっっっさしぶりに小説を読みました。
この前に小説を読んだのは、好きな作家である町田康の小説
『パンク侍、斬られて候』以来か・・

実は、同小説の映画をDVDで観たのがこの小説を読むきっかけでした。
で、このDVDを観るきっかけが、タイトルの阪急電車であることは
紛れもない事実ですが、
けっして電車オタクではないことを、声を大にして言っておきます。
(まぁ、そこまで否定することでもないが・・)

b0164364_144154.jpg阪急電車は、私が京都に住んでいる頃、通勤に利用した電車でした。私が利用してたのは、京都線でしたが、この小説の舞台は、今津線という少々ローカルな路線です。
この片道15分という短い路線内で起こる数々のドラマを短編小説のように並べたのが、この小説の大筋の内容だ。
2008年に発刊され、この小説はかなり売れたらしい。
私はその事実をまったく知りませんでした。


著者の有川 浩(ありかわ ひろ)さんは、同名小説がドラマ化した
『フリーター、家を買う』の著者でもある女流作家。
名前が男性のようなので、私はてっきりちょっとオタクっぽい男性を想像していました。
同じくベストセラーになった『もしドラ』の岩崎 夏海氏のことは、
最初、女性だと信じきって読んでいましたし、名前だけでは
判断できないものですね、有川氏と岩崎氏は、そのイメージとは逆の
井出達をされています。(こんなふうに勘違いしていたのは俺だけじゃあるまい)

で、本題。
この本を読んで、いくつかの発見をしました!

そのひとつが、『もしドラ』同様に、売れる仕掛けがきっちりされた
小説だということ。『もしドラ』がAKB×高校野球×青春小説で、
元祖『マネジメント』を超える読者を獲得したように、
この『阪急電車』は、今津線というローカルではありながら、阪急電車の
利用頻度が高い、宝塚駅と西宮北口駅という利用客を押さえているということ。
ちなみに西宮北口駅の一日の利用客は114,000人だという。
これに、この小説に登場してくる8つの駅の利用者と、その沿線に住む
住人、そして私のように今津線を利用したり、近くに住んでいない者でも
阪急電車自体をこよなく愛す人たちを含めると、ざっと100万人は軽く超すだろう。
そんな一般的にはコアな人たちでも、通勤や通学で利用する人を対象にして
しまえば、おのずと読書を趣味にしている確率は高くなる。
このベストセラーに隠された秘密は、意外に簡単な公式上に
成り立っていることがわかる。

当の著者が、そこまでしたたかに、この小説を書いたのかはわからないが、
ついつい、売れたものを分析してしまう癖のある私にとっては、
とても興味深い点であった。

また、2つ目に気付いたことは、
映像よりも活字が偉大だということ。
映画『阪急電車』と小説『阪急電車』。
この場合、どちらも良かったのですが、改めてその両者を比べると、
使い古された表現かも知れませんが、映像は2D、活字は4Dくらいの
広がりがあるのだということ。
順番も、先に映画を観てしまったので、後から小説を読むときは少々、
その映像が邪魔になってしまった。
できることなら、もっともっと想像しながら、この小説を読んでみたかったと思った。

誰しも、好きな漫画がアニメ化になった時に、声優さんに対して、
『こんな声じゃないよ~』と思ったことあるのではないだろうか?(私はある)
一度、自分で想像してしまった声や顔、風景などは、それがすべてであり、
後付されても、どうも違和感しか残らなかったりしてしまう。
なので、映画と小説を一緒に楽しむ行為自体がナンセンスになるのだが、
それをあえて体験してみると、いろんなことに気付かされるから面白い。

映像は見たまんまだが、活字は見た人の脳に映像を写し、その人の
心理描写までも補足しながら、表現することができる。
それは、読み手側の感じ方にもよるのだが、素晴らしい文章は、
私のような活字苦手人間にも、自然と頭に投影させるだけの力を持っている。
だから、活字は素晴らしいし、面白い。

私が普段、このように活字を書き続けるのも、
そのような活字の妙を知ったからだと思う。

まだまだ、人を納得させられるような活字は書けないが、
その素晴らしさを知り得て、体現している自分に満足している
自分がいたりする。

小説もたまには読もうと思った、そんなお盆休暇でした・・・


ココロのスイッチ入れてやってください。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by tadamatsu-ken | 2012-08-17 16:42 | 目から鱗本

消費税Xデーの前と後・・

b0164364_2294471.jpg


盆休み前の先週土曜日、こんなにもドカーン!と新聞1面に出ているのに、
世の中は、まだまだ動き出していないのが現状ですね・・

14年4月8%。
15年4月10%。

これが、住宅業界にとってどれだけ大きい問題なのか・・
この業界で働いている人でさえも理解していない人が多い。

はっきり宣言しておこう!
新築住宅業界の最終到達地点は2013年である!!

私が新築業界に飛び込んで13年・・・
意外に早い幕引きだと思わざるを得ない。
バブル崩壊後にあった住宅景気の頃は、日本全国120万戸近く建っていた
新築住宅も、今や80万戸を維持するのがやっとになってしまった。
そして、2014年に消費税増税がやって来る。
増税の後は、新築住宅は50万戸を割るのではと言われている。
この数字は何を意味するのか?

早い話、もう新築事業では飯が食っていけない時代が来るというだけのことだ。
もう少し、近未来を予測するなら、
80万戸の需要から50万戸になるわけだから、約4割需要が減る。
それに伴って建築会社の数も4割減るということになる。
当然、大手ハウスメーカーも4割減るし、地場の会社も4割減る。
この場合、私の勝手な想像では、大手ハウスメーカーの方が潰れる会社が多いだろう。
理由は、単純にお客様の予算の問題だ。
今の30歳台と10年前の30歳台とでは、平均年収に100万円の差があるという。
そしてこれからも、年収が上がることはない。
一番のマイホーム世代の30歳台が、建築資金が出せないのなら、
新築住宅を建てようとする人は激減し、坪単価60万~80万もするハウスメーカーでは
誰も建てないように自然となっていくのだと思う。

結局、何が言いたいのかというと・・

もし、あなたが真剣にマイホームを考えていて、どうせ建てるなら
長期優良住宅並みのスペックを備えた新築住宅が欲しいと思うなら・・

2013年に新築を建てるべきだ!!!

厳密に言うならば、消費税の課税時期は新築完成して最終金を支払う時期に
なるから、2013年の前半には建てる建物と土地は決まってないといけない。
ということは、今すぐにでも計画はスタートしたほうが良いことになる。

幸いなことに、世の中のマイホーム世代は、まだそのことに気が付いていない。
皆が焦り出すのは、2013年1月1日からだ。
このXデーは、突如としてやってくる。猫も杓子もマイホームを考え出すのはこの日からだ。
しかし、もちろんのこと、それから考え出すのでは遅いのは言うまでもない。

条件の良い土地には、ハイエナのように人が群がり、
格安な住宅を提供する会社には、列が出来る。
嘘のようだが、本当の話だ。

でも、新築という生涯で髄一の大事業は、そんな簡単に達成できるものではない。
当然、住宅会社のキャパは決まっている。
あなたが、欲しいと思ってからでは、欲しい物が手に入る可能性はすごく
低くなってしまう。
それと、住宅供給に追い討ちをかけるように、東北の復興事業が始まる。
もちろん、我々の建築資材より、東北の方が大事に決まっている。
国も優先して、建築資材は東北へ搬送していくことになる。

さて、国はどこへ向かっているのか?
行き着く先は、アメリカや欧州諸国と同じような、中古住宅が自然と流通する社会。

しかし、国が一つだけ忘れている大きなミスがある。

日本の中古住宅は、まだまだクオリティが低いということ・・


さあ、あなたが今すべきことは、明日からマイホームを具体的に考え出すことだ!!
先述した2013年1月1日をXデーとするなら、ゆっくり自分のペースで、
性能が高い新築住宅を手に入れることができる期限まで、
あと138日しか残っていないことになる。

すべりこめるか?否か?

それは、明日からのあなたの行動にかかっている・・・004.gif


『お父さん。一戸建て建ててね。』
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by tadamatsu-ken | 2012-08-15 22:00 | マイホームを考えているお客様へ

営業筋肉

お盆ですね~

オリンピック終わっちゃいましたね~
今日は早起きして、閉会式観ちゃいました。
ブリティッシュロック好きな私としては、ストーンズ期待してましたけど、
フーで締めくくりでしたね。ピートの大車輪弾き健在でした^^
私的には、レイ・デイビスのウォータールー・サンセット♪
イギリスを代表する名曲です。⇒『The Kinks Watarloo Sunset』
それにしても、ジョンレノンしかりフレディマーキュリーしかり
死んだ人を借り出さなければならないほど、大英帝国ロックは衰退している
のが現状なんでしょうね・・
テイク・ザットにペットショップボーイズ、マッドネス、スパイスガールズ・・
中途半端に古すぎるやろ~

では、本題に・・
今日は、営業筋肉について書きます。
筋肉と言っても、マッスル的な筋肉を指しているのではありません。
営業マンの内面的な筋肉のことを、『営業筋肉』と言います。

社会人3年目くらいまでは、この筋肉をつけることをお勧めする。
筋肉というのは、かなり集中して鍛錬を繰り返さないと付くものではない。
だから、営業筋肉も2~3年は集中してトレーニングするとよい。

私の社会人デビューは、そのようなカリキュラムでトレーニングを実践した。
上司は心の優しい人間味のある人だったが、仕事では鬼の如くスパルタだった。
他を知らない自分は、これが普通だと思って、我武者羅に日々努力をしたが、
後に、あれはすごく異常な仕事の仕方だったのだと気付いた。
でも、お陰で私には『営業筋肉』が自然と付いていた。
上司は、最初にきつい事を経験させた方が、後が楽になることを知ってて
やらせたのだろう。

この営業筋肉は、本物の筋肉と違い、一度身に付いたものは、
落ちないという特性を持っている。
なので、筋肉付けたもの勝ちなのである。
そして、付ける時期は、社会人の早い段階が良い。
理由は、私がそうだったように、キツいことに耐えられる体力も、
他を知らずに純粋に打ち込めるのも、若い時期に限るということだ。

今、営業に従じている人は、一度営業成績で天下を取っておかなければならない。
それが、次のステップに上がる条件といっても過言ではない。
では、社内で一番の営業成績を残すためには、どうしたら良いか。
単純なことですが、日々の基礎トレーニングをこなし、私が提唱する
『営業筋肉』をつけるしかないのです。

オリンピックの晴れ舞台でメダルを取った選手全員が、
来る日も来る日も、筋肉トレーニングを実践したに違いない。
未来の自分を輝かせるために、日々の鍛錬に意味を持たせよう。

そして、筋トレと同じように、身体が壊れてしまうくらいのギリギリまで
自分を追い込んでみてはどうだろう。
壁を乗り越えた時には、自分でもびっくりするくらいの、
精神力とストレス耐性が備わっていることでしょう・・・


イギリスのウォータールー・サンセットにクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by tadamatsu-ken | 2012-08-13 18:02 | 営業の仕事

NGワード

最近、営業の内容が極端に少ない気がします・・

タイトル『営業魂』ですからね。
営業に情熱燃やせる内容でないと、このブログの意味無くなります。

では、本日は営業の仕事をテーマに書きますね。

営業マンのセオリーの中で、これは絶対に発してはならない言葉、
いわゆるNGワードなるものがあります。

私のような、お客様と親戚以上の関係を構築するのが目標の
営業マンは、失言もお客様は笑って許して頂いたりして、
大きな問題にはならないのですが、それでも、言葉はそのものに
ものすごい力を秘めているのも事実ですし、選んでいかないと、
とんでもないことになります。


私が20代だった頃、その時働いていた家具屋で、今でも忘れられない
エピソードがあります。
社会人3年目の時、順調に成績も上がり、営業マンとして少々調子に
乗っていた頃にあるお客様と商談しました。
そのお客様はマイホームを建築中のお客様で、ソファやダイニングセットなど
家具を一式購入してくださった。
その当時、すでに世の中はローコストブームが到来していた時期だったので、
家具も国産品から、タイやベトナムなどの東南アジア系諸国での生産品が
多くなっていた。
中でも、ダイニング5点セット39,800円とか激安商品も店頭にならび、
店内での安さ感を醸し出す一役をかっていた。

私は、あからさまに安かろう悪かろうと思われるものは、なるべく売らないように
心掛けていて、国産のクオリティも価格も高いものばかりを勧めては売っていた。

しかし、その新築中のお客様は、激安商品なものばかりを選ばれた。
私が、「その商品より、こちらの方が材質が良く、長い目でみればお得ですよ。」
などと、国産商品に誘導しても、「これでいいから」とまともに話を聞いてくれなかった。

後から考えてみれば、そのお客様は何千万もかけて新築をしているのだから、
なるべく家具などの予算を抑えたいと思っていたのだろう。
この住宅営業を経験したら、そのお客様の気持ちは痛いほどわかる。
でも、当時の私には理解することが出来なかった。

「どうせなら、もっと良い物を買えばいいのに・・」
そう心の中で呟いていた。


そして、家具納品の当日、そのお客様から、すごい剣幕で電話が掛かってきた。
「ダイニングの椅子がガタついてて座れない。新品の家具を買ったのにどういうことだ!」
との内容だった。あまりに怒りがおさまらないので、一度伺いますと電話をきった。

お客様の自宅に到着すると、お客様は仁王立ちでたっておられ、
あなたを信じて買ったのに、不良品を持ってこられたと、こっぴどくお叱りを受けた。
事実、家具はガタついていた。が、しかし店頭に置いてある椅子も同じような
状態だった。お客様は、そのことを確認することができたはずだ。
その確認をせずに購入したお客様が悪いのではないか・・
そもそも、この価格だ。そこまでのクオリティを求めるなら、もっと高いのを
選べば良かったんじゃないのか!?
そう思ってしまったら・・ついつい言葉が出てしまった。

「お客様が購入された商品はこんなもんです。安いものはそれなりの品質しかないのですよ。」
25歳の若造に、そんなことを言われたお客様が、更に烈火のごとく怒ったのは言うまでもない・・


そうです。お客様へのNGワードは
「これってそんなものですよ・・」的な、話し方です。

この場合、まず謝り続け、お客様が納得するまで商品を交換すればよかったのだ。
けっして、自分の中でこの商品の品質を決め付けてしまうべきではなかった。

世の中は、今や『安かろう悪かろうもん』で溢れかえっている。
まずは、そんなもの売らないほうが良い。それが営業マンとしての正当なやり方だ。
しかし、どうしても売らなければならない時は、お客様の立場になって考えることだ。
その商品の良し悪しは、自分で決めてはならない。
お客様に満足して頂くためにはどうするべきか・・

そのことを考え実行するために営業マンは存在するのだ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by tadamatsu-ken | 2012-08-02 23:06 | 営業の仕事

営業パーソンのための自己改革ブログ


by tadamatsu-ken
プロフィールを見る
画像一覧