<   2010年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

人生のロスタイム

禁煙して10日以上経過しました。
食後と、ちょっとイライラした時に吸いたくなりますが、
おおむね、このまま乗り越えられそうです。

煙草を止めて、いろいろ思うことがありますが、
その最大の効果は、健康でもお金でもなく、時間ではないかと思います。

少し前、禁煙を考えていなかった時は、
煙草をカートン買いする自分を、『効率的な男』だと思っていました(笑)

1日1個自販機の前に立つ時間がもったいない・・
なんて思っていましたが、本当は煙草を吸う時間が一番もったいなかったんですね。

なんでも計算する癖があるもんで、いろいろ計算してみました。

1日1箱(20本)吸っていたので、1本吸う時間が5分(私、かなり根元まで吸っていたので)
として、20本×5分=100分(ひ~!これすごくない?)
100分×365日=36500分=608.3時間=25.3日

365日分の25.3日も煙草に時間を費やしてきたわけだ。
これから30年吸い続けたとして、759日間のロス。実に2年間も煙草を吸うだけで
ロスしてしまうのである。

これはもう、煙草は寿命を縮めるなんてもんじゃない。
煙草は、人生の大切な時間を確実に奪う最低最悪なものでしかない!
と、思うわけでございます。

愛煙家の方たちは、その時間を趣味の時間と思って優雅に過ごせばいい。

しかし、この歳になっていろんなことを始めたいと思い、
お金よりも時間の大切さを知った私にとっては、これほど無駄なものはない。

1日100分を勉強や読書、人生を有意義に生きる時間に費やせれば
私は確実にもっとスキルの高い人間になれるのではないかと思うのです。

それを、『禁煙』をすることで、私は手に入れてしまった。

これから残りの私の人生に、ロスタイムなどない。

与えられた時間を100%フル出場できるように・・がんばりたいと思います。


エールの1票お願いします
にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村
[PR]
by tadamatsu-ken | 2010-08-25 20:06 | 日常のプチセオリー

プレゼントさせてくれてありがとう

いよいよ宅建試験まで、2ヶ月を切ってしまいました。
夏を制する者は、受験を制する・・
なんて言いますが、一応順調にカリキュラムをこなした夏でした。

なにせ、14万円の集中講座ですからね~
自己投資した分は、確実に元取りまっせ!!

今日は、10月の試験までの売り上げの目途が立ったので、
残り日数を集中できそうです066.gif


さて、本日のテーマは・・

『プレゼントさせてくれてありがとう』です。

書いて字の通りですが、私はいつもそのように考えます。

なので、私がプレゼントしたり、奢ったりするのは・・

単純に“自己満足”なんですね~(笑)

その人のために、なにかしてあげたい!とか
相手の喜ぶ顔が見たい!など思うのは、自分にとっても嬉しいことです。

よって、私は人にプレゼントすることが好きです。
逆に、プレゼントされることは苦手です。

よく、プレゼントされる時に、すごく良いリアクションで喜ぶ人がいますが、
あれって特技なんでしょうね・・
こっちも、またしたくなる気持ちになりますからね。
なるべく喜びは全面に出した方がよかですね(私は無理ですが・・)


このブログで、お金の生きた使い方なんて書いたりしていますが、
自己投資やお金で時間を買うのもその方法だと思うのですが・・

やっぱり、人にお金を使えることは素晴らしいと思います。

自分が使えるお金の半分は、人に使っても良いというのが
私の持論です。

しかし、むやみやたらとお金を使ってはいけません。

自分が、この人にお金を使いたいと思える人をたくさん作らないといけないのです。

この原理で、お金を使うと、使えば使うほどに自分が幸せになります。

結論を申しますと・・

『人に使うお金も、自己投資の一種』なんですね。


今日、接客の席で、心のこもったお茶を入れ、子供さんの相手をしてくれた
Tさんありがとう~

不器用な私ですが、なんか気持ちを伝えたくなり、押し付けがましくしてしまいましたが、

今日も、

『プレゼントさせてくれてありがとう』って思わせてくれたことが、

とてもあたたかい気持ちになりました・・・


ブログランキング参加中!
今の順位は??↓クリック
にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村
[PR]
by tadamatsu-ken | 2010-08-22 22:39 | 私という人間

禁煙セラピー

2010年8月14日(土)pm4:00
私は、長年吸い続けてきた煙草の生涯最後の1本を吸った・・・

なんて、カッコつけて書いてみましたが、
実は禁煙したんです・・

まだ4日しか経ってないので、発表するのどうしようかと思いましたが、
まぁ、もう吸うことはないでしょう!

この本のお陰で・・

b0164364_23293599.jpg『禁煙セラピー』アレン・カー著です。
実は私、この本に3年前に出会っております。
なんだか、読んだら止めないといけない状況に陥るのでは・・
と思い、ずっと避けて通ってきました。(しかし、年貢の納め時)
禁煙って、少し大それたことのように考えていましたが、
意外と、難しくないものですね~ほんと、気の持ちようです。



私の煙草デビューは22歳の頃。
人より、かなり遅いデビューでした。周りからは、その歳まで吸わなかったなら、
止めとけ!!って止められましたが・・私としては、ちゃんと合法に20歳超えてから
吸い始めた訳だから、ほっといてくれ!と思っていました。

そもそも、煙草をなんで吸い始めたかと言うと、
最初に勤めた会社で、きっかけになった先輩の存在がありました。

喫煙者=仕事が出来る人
非喫煙者=仕事が出来ない人

今、考えると偶然に過ぎないのだが、当時の私は、この法則を頑なに信じていました。
『すごい上司や先輩に少しでも近づきたい・・』
そんな思いから、私は煙草を吸うようになりました。
そして、偶然にもニコチンパワーの影響か・・(笑)
営業成績も好転していった。

喫煙と営業スキルの関係は、今でもあるんじゃないかと思っています。
その証拠に、私の周りのすごい人たちは全員煙草を吸う。

逆に、真面目だが仕事が捌けない人ほど、煙草とは縁遠い・・

まぁ・・因果関係は、ほどほどにしておきまして。
それもこれも、昔は喫煙者に優しい社会だったと思いますが、
今は、かなりの迫害を受けるようになってきた気がします・・
その影響もあるのか?
当時、尊敬した上司・先輩は全員煙草を止めている。
友人の中では、まだ禁煙している人はいないが、そのうち増えてくるだろう。

私にとっては、尊敬する人が最近、煙草を止めたのが、かなり影響していると
思います。
こりゃ、今止めろってことやろうな~って3週間くらい前から一人考えてましたからね。

そして、本屋さんで『禁煙セラピー』を買いました。

こうやって、無理なく禁煙ができたのは、ひとえに読書を習慣化できていた
からだと思います。
この本は、帯に書いてある通り、
“読むだけで簡単に止められる”のですが、単に文章を読むだけでは止められません。
文章の本質を読み取らなければ、100%成功しないと思います。

でも、私が理解できるくらいですから、そんなにハードルは高くないですよ。

恐らく、本気で止めたい!と思っていて、理解しようと思って読んだら
100%禁煙できる本だと思います。

まだ、4日目で偉そうなことは書けませんが・・

私は、本当に禁煙して良かったと思っています。
未練などこれっぽっちもありません。

しかし、17年間吸ってきた事実にも後悔していません。
むしろ良かったのではないかと思います。

22歳で吸い始めたのも、39歳で吸わなくなったのも必然のような気がします。

そんな清清しい止め方が出きるなんて、この本すごいですね~

もし、禁煙をしようと思っている人がいるなら、
私は迷わず、この本をお勧めします。

なんなら、プレゼントしますから非公開でコメント入れてくださいな。
待ってます!!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村
[PR]
by tadamatsu-ken | 2010-08-17 23:21 | 目から鱗本

営業魂2号

このブログが、リクルートブログということをすっかり忘れていました。

と、言いますのも、
私にとっては、これ以上ない新入社員が入ってくれたからでして・・

今年の目標である、
『熱き営業魂ひとり入社!!』については、達成しちゃいました。

しかし、このブログを読んでいて機会あらば只松建設に入社したいと
思っている、そこのキミ!!

是非、応募してください。

毎年ひとり枠は、作って行きたいと考えていますからね。
あと5年で5名。私が45歳までに6名は魂育てたいですな~

あえて言います。
人財こそが、会社を発展させるキーマンだと思います。

キーウーマンもありかな・・

3:3で、男女。

女性が働きやすい環境さえ出来てしまえば、
営業魂に、男女の差はない。

いや、女性の方が営業に向いている面はたくさんある。

そう、そこのあなた!

もしかしたら、営業魂2号になっているかもね・・・

にほんブログ村 転職キャリアブログ 求人・採用へ
にほんブログ村
[PR]
by tadamatsu-ken | 2010-08-16 21:01

億万長者-億万長者のような生活=?

先日、100円レンタルの日に
『億万長者専門学校』というDVDを借りて観てみた。

100円で億万長者になるためのヒントを得る・・というシャレです。

講師を務めているのは、クリス岡崎というケッタイなおっさん。
「金持ち父さん貧乏父さん」で有名なロバート・キヨサキの日本人唯一の弟子らしい。

で、そのDVDの中身はと言うと、
けっこうまともなことを言っていて、面白かった。

例えば、
「宝くじで億万長者になった人の8割は自己破産をしてしまう」という事実。
逆に、億万長者が破産しても、その8割は、また億万長者になるらしい。

そういえば、ホリエモンなんかも一度人生終わったかのように思っていたが、
インターネット関連にはよく見かけるし、書籍も売れ行き好調のようだ。
ありゃ、ごっそり儲けておるな~

要は、貧乏人と金持ちとの大きな違いは“脳”にあるというのだ。
自分の脳を“金持ち脳”にしてしまえば、知らず知らずのううちに
億万長者になっている。(意外と簡単なものかもしれない)


私は、このDVDを観て、分かったことがある。

それは、貧乏も嫌だし、億万長者にもなりたくないということ。

だってお金があっても、その使い方を予想できて
「つまらないな~」と思うから。

金持ちは必ず、豪邸を建て、高級車に乗り、ブランドものを買いあさり、
エステとスポーツジムに通い、お酒を浴びるように飲む・・・

このようなもののために、私はお金持ちにならなくてよい。

【億万長者】-【億万長者のような生活】=今の自分だったりして

ということは、今の自分が一番幸せなんだな~と思えたりする。

結局のところ、人生の究極セオリーのひとつである
どうやって儲けるかより、どうやって使うか』を分からずして
金持ちになるのが不幸の始まりだと思う。


この歳になると、いろんなモノの道理が分かってきた気がする。

20代は『学び』の世代。
30代は『経験と取捨選択』の世代。

そして40代は、『実践』の世代だと言えよう。

学び、経験し、それを必要なものと不必要なものとに分ける。
39歳の今年で、この一連の作業は終了する。

そして、40代はこれを実践しまくるようにしていきたい。

実践して、もし私が『億万長者』になってしまったら・・(笑)

その時は、億万長者らしからぬ生活をして、自分の身の回りの人が
幸せになれるようにお金を使いたいと思います。


ブログランキング参加中!
↓↓↓↓クリック!↓↓↓↓
にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村
[PR]
by tadamatsu-ken | 2010-08-14 07:32 | 私という人間

上を目指せ!

男で生まれてきた以上、目指すところはトップだ!

営業マンとして生きるなら、常に1番を目指すべきだ!!

いきなり熱い始まりですいません~

でも、そんな想いを抱いてなくて、何が楽しいのか?
男なら目指してやろうじゃないか!ナンバー1に!!(やっぱり熱くてすいません040.gif

ちょっと話それますが・・

私は、こいつらすごいな~と思う芸人がいます。

お笑い大好きなもんで、かなりコアな見方をする私でありますが、
芸人の世界では、『芸暦序列』、『人気序列』というのが当たり前。
そして、芸能界の中では息の長い人が多いのが特徴的。
なので、私が小学校の頃から、人気のある芸人は、
今でも変わらず、

ビートたけし、明石家さんま、島田伸介、笑福亭鶴瓶、志村けん・・
そして、とんねるずとダウンタウン。

上記の芸人たちは、いずれも好きな人たちばかりだが、
私の年齢以下の芸人たちのほとんどが、
『ダウンタウン病』という病に侵されている・・・

この病気は、新しい芽を摘んできた。
一度かかってしまうと、ダウンタウンを越えられないという
致命的な症状が出てしまう。

だから、ダウンタウンの登場以降、ダウンタウンを超えられる芸人は
未だ現れていない・・

これは確実にお笑い界の衰退を意味する。
昔は、代替わりが頻繁に起こっていた。

クレイジーキャッツ→伊東四郎&小松正夫→ドリフターズ
→ひょうきん族(漫才ブーム)→とんねるず→ダウンタウン
・・のように、いつの世もニューウエーブを大衆は待ち望んでいたわけだ。

なのに、この20年以上ダウンタウンの天下が続いている。
これは、ダウンタウン以上の芸人の息をも長くさせた。
テレビをつければ、たけしやさんまばかり目に付くのはそのせいだ。

しかし、希望の光が一つだけある。
このお笑いブームの中で、ダウンタウン病にかからなかった芸人・・

それはナイナイこと、ナインティナインだ。

ナイナイは、ダウンタウンと絡まない。絡もうとしない。

それは、ダウンタウンと一緒にテレビに出たらダウンタウン病に
かかってしまうことが分かっているからだ。

この立ち位置を私は大変気に入っている。

ナイナイは、まさに、家康の心境か?

「鳴かぬなら、鳴くまで待とう不如帰」

天下を取るには、いつまでも太鼓を持ってはいけない。

師匠と弟子の関係でも、師匠の良いところを学んだら、
すぐに自分のやり方を作っていかねばならないのだ。

真似から入っても良いが、真似たらすぐさま応用してオリジナルを作り出せ!!

そして、上を目指すのじゃ~(晃一殿)


ブログランキング参加中~
只今の順位は!?
にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村
[PR]
by tadamatsu-ken | 2010-08-12 22:39 | 営業の仕事

一番大切な・・

私は、古いタイプの人間かも知れない。

今の世の中では、近所付き合いだとか、社内での仲間意識とかが
気薄になっている(ような気がする)

そんな中、私は、“人情”を重んじる。

“人情”の情は(なさけ)と読むが、私は人になさけを掛けれるほど
人間はできていないし、お人よしでもない。

“人情”というものは、人に対して沸く情、すなわち
その人に興味を持ち、その人のことが好きになる気持ちのことを言うのだと思う。

仕事において、この人情を抱かせてくれる存在は、
何事にも換えられない大切なものだ。

ここで、はっきり言っておくが、
私は、お金のために働いてはいない。
お金をいっぱい稼ぐなら、もっと稼げる会社は五万とある。

社会人スキル、営業マンスキルを上げていくことは、
自分を成長させ、会社での実績を上げていくことに繋がるが、
そうやって積み上げてきたスキルを、どのように使っていくのかは
極めて重要な選択だ。

もちろん、大半の人はそのスキルを100%自分のために使うと言うだろう。
その方が、たくさんの収入が得られるし、生活も楽になる。

しかし、私はそのスキルを“尊敬する人”のために使いたい。

ばからしいと思われるかもしれないが、そういう存在があって仕事を
するのと、自分さえよければそれでいいと思って仕事をするのでは、
そのプロセスに雲泥の差がでる。

ありがたい事に、私には尊敬する人がいる。
その人のために、自分のスキルを上げ、会社組織を強くし、
お客様の喜ぶ事業を作っていくことに喜びさえ感じている。

昔から、天下を取る人の近くには、それを支える人間がいたものだ。
会社を発展していくには、縁の下を支える社員がたくさんいなければ
ならない。(この考えが古臭いのでしょうが・・)

当グループ会社には、私と同様に縁の下を支えることを自分の使命だと
感じている社員が多数存在している。

それが、これから会社を発展させていくためのPOWERになり、
新築やリフォームを通して、お客様の喜ぶHOUSEが出来るのだと思います。

みんなにとって一番大切な人・・

心の中に、その存在がある社員は幸せ者だ。


私は、そんな会社で、これからも一生懸命働きたいと思います!


ブログランキングに参加中~
只今の順位は↓こちら
にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村
[PR]
by tadamatsu-ken | 2010-08-10 10:37

恒例バーベキュー大会

仕事と勉強ばかりの毎日だと、息が詰まるので
昨夜は、毎年恒例のお世話になっている不動産業者さん主催の
バーベキュー大会に参加させて頂きました!

総勢30名くらいの大きな会だったのですが、
普段、仕事のことしか話さない方々との交流は、
ほんと楽しいものです003.gif

でも私は、根っからの『仕事好き』なもので・・
アフター5の付き合いは、積極的にやらない性格です。

しかし、集まった皆さんの話を聞いていると、
飲み会やゴルフ、合コン(内緒028.gif)など
みなさん、仕事もプライベートも楽しんでいるな~なんて思ったりしますね。

まぁ、プライベートを充実されている方たちは、当然のことながら
仕事が出来る人ばかりで・・
仕事が出来るから、余裕が生まれて来れるのでしょうね。

早く私も、数字に追われ続けるダメ営業マンの域を抜け出して、
みんなに追いつきたい心境です~


昨日は、篠栗不動産センターの杉本さん、青木さんありがとうございました040.gif

このお二人は、営業魂燃え滾る素晴らしい営業マンです。


それと、福岡市東区内でのナンバー1・2不動産営業マンを
ご紹介しておきます!

b0164364_19533679.jpg
















左がプロゴルファーで、右が直方で農業を営んでいる・・



うそですよ・・

東区不動産青年部 会長の大森さんと副会長の大西さんです。

二人でなにやら妖しい話ですか?

お二人とも、昨日は楽しい時間をありがとうございました。

また飲みに行きましょう~068.gif

ちょっと一息ブログでした056.gif

そこの偽チュート徳井さん!
↓↓↓ここクリックしてください!
にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村
[PR]
by tadamatsu-ken | 2010-08-05 19:27 | ちょっと一息。。。

手を広げるべからず

会社を経営する上で、大原則となるのが
今ある商売から“手を広げすぎない”ということ。

企業が成長する過程では、必ず社長はこれを思案し、
業績が良いほど、安易に商売を広げてしまい失敗する。

もちろん日本を代表するような一流企業は、商売の幅は広いし、
それで成功している企業の存在は否定できない。
商売の寿命が5年10年と言われている昨今、リスクヘッジという
考えから、商売を細分化し、多角化する経営者は多い。

しかし、本当に長きに渡り商売を続けている企業というものは、
かなり的を絞った商品を売り続けている会社なのだと私は思う。

例えば、私の自宅近くにある和菓子屋さん。
羽二重餅とレモンケーキが売りで、それ以外の商品をほとんど
置いていない。
それでも、50年以上商売を続けている。
大きなチェーン店と比較すると、はっきり言って
小さく、こじんまりしたお店であるが、企業としての寿命を比較して
見ると、確実にこちらの小さいお店の方が長い。

何故そんなことが起こるのかと言うと、
お客様は、品数豊富なお店ではなく、最終的には
商品その物の品質にこだわるのである。

商品だけではなく、営業のようなサービス業も同じこと。

お客様は、たくさんのサービスより、一つ一つパフォーマンの高いものを求める。

いつの時代もそれは変わらない。
『不変のセオリー』だと私は強く思っている。


それが分かっているなら、仕事そのものの分野を広げることは避けるべきだ。

かくいう只松建設は、総合建築会社である。
ゼネコンという側面もあれば、ハウスメーカーという側面もある。
はたまた、店舗改修もできるし、不動産の売買や仲介もできる。

結局のところ、建築という分野では、『何でも屋』である。

このことに、私は入社当時から疑問を感じていた。

何でもできるということは、何でも中途半端にしかできないようなもの・・
そう思われても仕方ない。

何が強みで、何が他社に負けるのか?
そこをもっともっと掘り下げて考えるべきではないだろうか。

個人的には、そのことを入社以来ずっと考えてきたつもりだ。
そして、何でもできる会社だからこそ、私は何でもやらないようにしてきた。

只松建設で9年目を迎える現在、そうしてきたことに確固たる自信がある。

それはこの5年間の実績で証明してきたつもりだ。

自分の会社の強みを知り、それを最大限に活かすことができれば、
営業の仕事は、さほど難しい仕事ではない。

一端、会社の強みを知りさえすれば、その強みに肉付けすることで
事業はつくっていける。
手を広げて、あれもこれもとするよりは、間違いなく成功率は高い。

『木』と『住宅』と『技術力』・・

当社屈指の強みで、これからもっともっとお客様に喜んで頂ける仕事を
していこうと思います。

た~ま~や~!クリックよろしく!
にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村
[PR]
by tadamatsu-ken | 2010-08-01 22:54 | 営業の仕事

営業パーソンのための自己改革ブログ


by tadamatsu-ken
プロフィールを見る
画像一覧