カテゴリ:私という人間( 77 )

原点回帰

先月のお盆休みに20年ぶりに友人と会いました。
小学校1年生からの親友で、あだ名は『うまお』君。
え?それはお前のあだ名やろ?って⁈(笑)
この歳になると親友の存在ってありがたいですね。
常に上司やお客様との関係で時にはストレスを感じる
ビジネスパーソンには、スクラッチな関係で気兼ねなしに
話し込める友人はかけがえのない存在です。

その親友宅で、お母さんが残してくれていた1枚の写真・・
なんか当時を思い出して、微笑ましくなりました。
b0164364_812114.jpg

俺もこんな時があったんだなーって・・
面白いことばかり考えて、つまらないことばかりやってましたが(苦笑)
対人恐怖症で、知らない人と話すことができなかった自分が
営業マンになるなんて、考えられないことです。
人って変われる生き物なんですね。
そんな原点回帰の旅でした。
[PR]
by tadamatsu-ken | 2016-09-20 08:19 | 私という人間

Re Born!!

先日初めてお会いしたY様の御言葉で、また始めることにしました。
いつまで続くかわかりませんが、どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by tadamatsu-ken | 2016-09-18 08:43 | 私という人間

ブログ終了のお知らせ

お久しぶりです。

時が経つのは早いもの。

ブログを始めて6年になろうとしております。

最初は書きたいことが沢山あって、頻繁に更新していた
このブログ。
多くの方に、読んでるよ!次を楽しみにしています!なんて
温かいお言葉を頂戴しておりましたが、
気が付けば、今年大晦日に3回目の投稿…

リクルートを目的に始めたブログでしたが、
後輩のための営業指導のブログに代わり、
自分のアウトプットの要素も入ってきたりして、
良い意味で私の心を表現する大切な場となっていました。

継続は力なりと言いますが、
継続出来ないのであれば、もう書かない方がいいと思います。

今までご拝読頂いた方には感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。

最後に近況だけ報告させて頂きます。
今年、9年越しに受験していました宅建に合格しました!
営業マンとしては今年、過去最高益の実績をあげられました。
12月には取締役部長に就任させて頂きました。

今後は一営業マンとしてではなく、
経営者目線で『営業』というものを見つめて行こうと思います。
また、どこかで皆さんにお会い出来ることを楽しみにしています。

ちょしさん、いつかお会いしたいですね。

では、さようなら029.gif
[PR]
by tadamatsu-ken | 2015-12-31 01:38 | 私という人間

切磋琢磨2

以前にも『切磋琢磨』というテーマで書いたことがあるくらい
私は、この言葉が好きだ。

今年の終わりに、どうしても書き残しておかねばならないこと。
それが、彼の存在に他ならない。

私は今年で営業人生丸20年の節目を迎えた。
この十数年間は、自分との闘いであり、
自分の決めた営業目標に真正面から向き合ってきた。
残念ながら達成できなかった年もあったが、
この長い20年を振り返ると、自分は本当に恵まれた
営業人生を歩んできたと自負できる。

社会人に成り立ての頃は、先輩である池田さん、米澤さんや
師匠である山崎さんを目標に、早く追いつきたい一心で
我武者羅に走った。
営業4年目で全国家具営業コンクールで1位になってから、
自分の営業での目標は己になり、
高い営業成績を残すことより、まず自分が納得できるかが、
物差しになっていた気がする。

そして、営業マン20年目の今年、彼の存在が
ここまで自分の原動力となるとは正直思わなかった。

彼とは、パワーハウス本店主任の安藤 孝真君。
恐るべき可能性を秘めた営業マンです。
安藤君とは、今年の早い時期にどちらが1年間で
多く利益を上げるかを競う宣言をし合ってました。
最初は、彼の方から『今年は負けませんよ〜』と冗談混じりに
話してきたので、『おう!ダブルスコアつけたる!』って
冗談で返してました。

しかし、あるきっかけで、それが冗談では終わらないことになろうとは・・

それは、安藤君が売って売って売りまくったこと。
7月には、私の営業成績を軽く越えられ(しかもぶっちぎり!)
あれよあれよという間に、大差を付けられてしまいました。

なんだ?久しぶりに感じるこの衝動は・・
まさに1975年のロンドン!
ロンドン イズ バーニング!ジャカジャカジャンジャンジャーン!

俺に背中を追わせる男、安藤・・
こんなのは、新社会人以来やないかーい!

久しぶりに他人に対して本気出しちゃいました。(自分にはいつも本気ですよ)

結果はどうあれ、安藤君と切磋琢磨できた会社の環境で
とても楽しく仕事ができたことが何よりの収穫でした。

安藤君とは部署は違えど、二人して多くの記録を樹立した1年でもあった。
この記録は、対外的にどうこうというものではなく、
完全に自分たちの自己満足に他ならないものであるが、
この先も、必ずこれに挑戦してくる若い営業マンが出てくるだろう。
そう、記録は塗り替えられるためにある。

もし数年経って、この記録を元に切磋琢磨している
営業マンがいてくれるなら、それが本当に私たちが残した
存在意義なのではないだろうか・・

躍進元年の今年に、それが実現できたことに充実感を得た私でした。


最後に、安藤君!ありがとーう!!(来年も負けないぜ!)
[PR]
by tadamatsu-ken | 2014-12-30 15:41 | 私という人間

負けの経験

え〜、ご無沙汰しておりました。

ここまで期間の長い休稿は初めてですね。
もうブログやめたと思われていたでしょう?

いえいえ、まだまだ書きますよ〜

久しぶりに書く内容は、やっぱりこのタイミングで
お知らせしておくべきでしょう。
今年も、宅建試験落ちました。

今年は、今までで一番勉強したので、悔しさも一入でしたが、
できる限り頑張った上での結果でしたので、
ある意味清々しくもあります。
普段、仕事が捌けないので、仕事を9時くらいに終わり、
そこからジョイフルで深夜まで勉強。
これを3ヶ月半続けました。
正直、心折れそうになったり、ジョイフルで眠りこけたり
しながらも本番を迎え、当日は手応えまではいかないものの、
持っているものは出すことができたと思います。

今年で7回目のチャレンジでしたが、真剣に勉強したのは
その内3回くらい。そのすべてが1点差で涙を飲むことに…
やはり、まだまだ合格の域まで行けていないのですね。

今回の負けの経験を通じて、自分に足りていない能力が
はっきりしたのと、神様に 『おまえなんぞは、まだまだ不動産知識
足りていないのに資格を与えるわけにはいかん!』と言われている
気がしてなりません。

試験後に、O森氏が良いことを言ってくれました。
『宅建の試験は、9回10回受けてやっと通る人がいっぱいいる。
でも、長い時間かけてやっただけあって、実務に強い人が多い。
何のための資格か?それは、お客様が失敗しないように
お手伝いするための資格なんだと思うわけです。』

私のような長期資格チャレンジ派の人には力強い一言です。
確かに昔と比べて試験勉強から得られるものがたくさん出来てきたと思う。
それは、単純な知識だけでなく、不動産営業の心構え的なものまで。
営業マンは一生勉強や‼︎といつも思っていますが、
そんな機会を与え続けてくれる、自分の能力に感謝したいと思います。

笑って進むしかないでしょう〜はっはっは!
[PR]
by tadamatsu-ken | 2014-12-10 22:21 | 私という人間

漕げ!

何でも続けて行くことは難しい。

人は挫折を繰り返す生き物だ。

上手くいかない時に、諦めるのは簡単だし、それが一番楽だ。

でも、諦めた瞬間に、そのことに関する成長は止まってしまう。

人は目の前に楽な道と険しい道があったなら、
その大半の人が楽な道を選んでしまう。

ここに人生における不変のセオリーを紹介しよう。

人は、しんどい時ほど成長する!ということ。

仕事でも勉強でもスポーツでも、負荷がかかった状態でなければ
パワーアップしないのである。

だから、順風満帆に充実している時期は、
気持ちの良い時間であることに間違いはないが、
成長はストップした状態に他ならない。

追い風が吹いて、漕がなくても進んでいく船は
いつか風が止んでまったく進まなくなる。

楽した分、上手な漕ぎ方すらわからなくなり、
次に苦労するハメになる。

しかし、その時に苦労すると、また漕ぎ方が上手くなり
一所懸命漕いでる自分が普通になってくる。
一種のナチュラルハイ状態。

実はこれが一番良い。

ここまでいき着くには、
漕いで漕いで漕ぎまくらなければならない!

人生を成功させたいのならば、
漕いで漕いで漕ぎまくろう‼︎‼︎
[PR]
by tadamatsu-ken | 2014-09-30 01:23 | 私という人間

バッドボーイズ

今日のテーマ
~時代(とき)を経て~

先週の日曜日、近所のクリエート篠栗にてお笑いライブを見に行きました。

糟屋郡篠栗町で行われるお笑いライブなんて、福岡吉本の売り出し中の
若手芸人がくるのかとおもいきや、なかなかのメンツでした。

パンクブーブー(M-1チャンピオン)
バイきんぐ(なんて日だ!!)
タカアンドトシ(欧米か!)
アンガールズ(俺も入れそう・・)
ダイノジ(エアーギター世界チャンピオン)
野性爆弾(大阪の誇る異端児芸人)
東京ダイナマイト(オフィス北野!)
博多華丸・大吉(売れてよかった)
バッドボーイズ

大阪生まれの私は、すべての芸人さんをリスペクトしているので、
今回のイベントはまさに青天の霹靂!
これを行かずして、どこに行くか!!の勢いでチケットを入手。
最前列でかじりついて観ていました。

で、今回のイベントの趣旨が、パンクブーブーの黒瀬君と
バッドボーイズの佐田君が、篠栗町出身でこの二人の
篠栗町ふるさと観光大使就任記念ライブだったのです。

なんとこの二人、実家が徒歩3分の距離。
昔は、かなりの不良で(見た目通りか・・)、佐田君は暴走族の元総長。
黒瀬君も佐田君の3歳年上で、同じ暴走族に入っていたそうな。

b0164364_11315097.jpg


昔は、若気の至りでむちゃくちゃしていたけど、時代を経て
心も生き方も変わってきた。
産まれ育った郷土にも昔は思わなかった違う愛情が芽生えてきた・・
どう思ったかは定かではないが、故郷への恩返しの意味で、
二人は自ら観光大使にして欲しいと町役場に直談判しに行ったらしい。

しかし、昔の悪行の数々は簡単に消えるわけではなく、
その就任許可には時間がかかったという話をしていました。

そして、今回晴れて、就任記念ライブの開催。
なぜ、この田舎町の500人くらいしか入らない小さなホールに
このような豪華なメンツが来ることができたのか!?

それは、ライブを最後まで観た時に分かりました。

芸人の出演順は、当然先輩もしくは人気のある方が最後に出る。
このメンツなら、間違いなく大トリは華丸・大吉ということになる。
しかし、今回の大トリはバッドボーイズだった。
M-1チャンピオンのパンクブーブーでもなく・・

この瞬間、佐田君の想いが私の心にズキューン!と突き刺さった。

そうか!みんな佐田君のために集まったんだ・・

この元暴走族総長で、鑑別所に収監され、お笑い芸人になっても
なかなか全国区芸人になれなかった一人の男が、
今や産まれ育った町の観光大使になる。
観光大使というのは、言わば町の宣伝マンである。
そのまんま東が、宮崎知事をしていた時も、その貢献たるや
宮崎県のイメージとそのまんま東のイメージをもガラっと変えてしまった。

そんな責任と尊厳を自ら背負い、それを後押しした芸人仲間たち。
ほぼノーギャラでの出演を快く承諾してくれたのだろう。
パンクブーブー黒瀬君は、幼馴染の依頼を、佐田君一人では観光大使の
許可が降りないかも知れないと自らの知名度で協力したのではないだろうか?
勝手な想像だが、芸人さんというのは、暗黙の連帯意識というものがある。
そんな気持ちがなければ、東京からこの田舎町には来ないだろう・・

時代を経て、変わらないものと変わるものもあるが
変わる努力をした人は、その中身と容姿も自然と優しくなるのでしょうね・・

b0164364_12234880.jpg


そんな篠栗町が生んだバッドボーイズな男たち、
佐田君しかり黒瀬君しかり・・・杉本君しかり・・(笑)

にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村
[PR]
by tadamatsu-ken | 2014-05-28 20:09 | 私という人間

ブログ

長らくご無沙汰していました。

この営業魂を綴って、もう4年半にもなりますが、
1ヶ月以上も更新していなかったことは初めてです。

まぁ、いつもの試験勉強がこの前まであったことが
要因ではありますが・・
それとは別に書く気力が失せていたことも事実です。

私にとってのこのブログの意味は、まずインプットしたことの
アウトプット作業であり、自分が成長できたことを記録として
残し、後輩や部下へのメッセージとして営業スキルを後世に
受け継いでもらいたい!との主旨があります。

そういう意味では、このブログに幾度となく登場していた
こいちゃんが3ヶ月前に退社してしまったことが、
誰に対して書いていたものかという本来の意味を見失うことに
なってしまったのかもしれません。

また、今年入ってきた新人2名については、その存在自体が
私にとっての大きな支えであり、2人を育てることが私の
ライフワークになっているのですが・・
なぜか、この2人はこのブログを読んでいません。
別に強制して読ませることではないので、部下の気持ちを
尊重したいと思っていますが、読んでいないのに
一生懸命書くのはどうか・・という気持ちになってしまいますね。

ブログっていったいなんだろう??

日記みたいなものなら書かない方がましだし、
本当に書きたいものがなければ、書かない方がよい。

最近は仕事のやり方もかなり変わってしまったし、
時間の余裕がなくなってしまった。

今までは、いろんな人との出会いの中で得るものが多かったし、
時間があれば本をたくさん読んで得る知識もたくさんあった。
インプットできる機会をもっと作らないと、その知識や考えを
活かして仕事ができないですよね・・

そろそろ、仕事と時間の使い方を元に戻していかないと
いけないな~
と感じている今日この頃です。。。

↓こっちのブログは1週間に1度更新中です。
BAGUS住生活事業部!
魂の更新が出来ていないときはこちらをどうぞ!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村
[PR]
by tadamatsu-ken | 2013-10-23 23:25 | 私という人間

追悼・・冨士夫さん

最近、私にとって愛すべき人たちがこの世をあとにする・・

山口 冨士夫

ミュージシャン、日本ロックの祖、日本パンクの祖・・

京都を中心に活動していた村八分のギタリストとして活躍し
京都出身の私には、身近に感じることがあった冨士夫さん。

一度だけ、京都のとある場所でお会いした時に、
こんなにもオーラがある人を見たことがないと思うくらい
輝きまくってった冨士夫さん。

8月14日路上でアメリカ人に突き飛ばされて脳挫傷での死・・
人の死なんて、こんなにもあっけないものなのか?

悲しい・・

今日は、村八分聞いて眠ります。

b0164364_1433986.png


b0164364_1442213.jpg


b0164364_145136.jpg


b0164364_1453496.jpg



最近、暗い内容ばかりで・・m(__)m
[PR]
by tadamatsu-ken | 2013-08-18 22:32 | 私という人間

Y社長の魂

もうお盆ですね・・
1年早いな~

お盆は、いつもブログを更新しておりますが、
今年も私は受験生007.gif
3日間はお勉強の日々を送りたいと思います。

ただ、今年はどうしてもしなければいけないことが・・
それは、昨年亡くなられたE不動産のY社長へお別れのご挨拶に行くこと。

昨年、その社長から1本の電話を頂きました。
その電話の内容は、なかなか売却できない中古住宅をリフォームして
売れるようにできないか?という相談でした。
いつも、お客様のために儲からない仕事でも引き受ける
人の良い社長でしたが、今回もそんな相談を受けた私・・
『なんとかやってみましょう!』と答えて、
約束の時間に糟屋郡須恵町の売主様宅に行ったのでした。

しかし、お客様のところで待ってたのですが、
肝心の社長が来ない・・
30分待っても現われないので、お客様と話していましたが、
それでも来ないので、携帯に電話するも留守電にしかならない。
9年間のお付き合いの中で、こんなことは初めてだった。
いつも、私が着く前に待ち合わせ場所にいた社長。
いつも心配症なのか、困った顔で待っていた社長。
優しい笑顔でお客様に相談に乗っていた社長。
不器用だけど一生懸命仕事をしていた社長・・・

実は、待ち合わせの日の2日前に社長は、この世からいなくなっていたのです。
待ち合わせの日が、社長の葬儀の日だったのです。

何回電話しても、出てくれることはないはずです。
私が訃報を知ったのは、それから1週間以上経ってからでした。
これは、病気で入院しているか、何かのはずだと思って、
知り合いのT社長に電話した時に、初めてY社長が亡くなられたことを
知ったのでした。

今から10年前に、只松建設に入社してほどない私の1棟目の新築契約の
時に、土地の仲介をして頂いた不動産業者の社長がY社長でした。
たくさんの不動産屋さんのなか、もともとハウスメーカー出身だった
Y社長は、建築屋の営業マンの気持ちを理解してくれる希少な存在でした。
それから9年間、ほんとうに可愛がってもらい、たくさんのお客様と
ご縁を結んでいただきました。

そんなお世話になったY社長とちゃんとお別れが言えずに今日まで
心がすっきりしない状態でした。
本日、朝一で社長のご自宅に訪問しました。
そこには、笑顔のY社長の遺影がありました。

遺影の前で手を合わし、心の中で、『お帰りなさい』と語り掛けました。
今まで9年間のお礼を告げて、やっと私とY社長とのお別れが済みました。

Y社長との別れはすごく寂しいことだけど、
遺影を見つめていたら、『柳澤君!これからもお客様のために頑張れよ・・』
と、言われているような気がしました。

最後の相談電話の3ヶ月前に余命1年の宣告を受けていたと本日知りました。
自分は残りの時間が少ないことを知っていたのに・・
自分のことを後回しにしても、お客様のことを一番に考えていたY社長。

その考えが、私の営業魂の一部でちゃんと生き続けています。

Y社長・・ほんとうにありがとうございました。




にほんブログ村
[PR]
by tadamatsu-ken | 2013-08-13 23:13 | 私という人間

営業パーソンのための自己改革ブログ


by tadamatsu-ken
プロフィールを見る
画像一覧