運をつかむ技術

えー本日は、目から鱗本を紹介します。

b0164364_2355088.png


『運をつかむ技術~18年間赤字のハウステンボスを
 1年で黒字化した秘密』 澤田 秀雄著です。

年末に買い込んだうちの1冊です。

まず最初に、私は澤田 秀雄さんという人間が好きだ。
数少ない憧れの人です。
澤田さんは、今はハウステンボスの社長をされていますが、
旅行会社H.I.Sの創業者(現取締役会長)で、
航空会社スカイマークエアラインズの創業者でもある。

澤田さんは、その他にもいろんな事業を手掛けておられるが、
ご本人が無類の旅好きということもあり、澤田さんの仕事を
含めた人生の大きなテーマが『旅』なんだと感じます。

旅と言えば、私は、22年前に大学の卒業旅行でイギリスに
行ったことがあります。友人4人で旅の企画をして、
行先と旅行会社を決めたのですが、申込金を払う前日に
友人のY君が新聞の切り抜きのイギリス7日間108,000円!の
新聞広告を持ってきたのでした。
申込みする予定だった旅行会社の金額が、同じ7日間で
22万円だったので、驚きの安さでした。
しかも宿泊費は自己負担だが、2週間まで延長可能って
書いてあるではありませんか!?

4人で話し合いをしました。
『なんか、怪しくない?』 『でも半額やで・・』
『安いB&B泊まったらかなり安くで倍の期間いけるね』
『いっちょ、この旅行会社に懸けてみようか!!』
と、若さ故の勢いで、聞いたこともない旅行会社に
申込みに行ったのです。

その時の旅行会社がH.I.Sでした。

私の初めての海外旅行をアシストしてくれたのが、
澤田さんの会社だったことを嬉しく思います。

その旅は、最初の不安をよそに、素晴らしい体験を
私に与えてくれました。
日本にないものを多く見て、知って、触れて・・
イギリスへの旅が少なからず私の人生観を変えた
といっても過言でないくらいです。

その当時は、H.I.Sは、あまり知られておらず、
激安の旅行会社的な扱いをされていたと思います。
しかし、今や旅行業界No1の地位まで昇り詰めた。
それは、今日までの徹底した企業努力の賜物です。

そんな、澤田さんが今度は赤字続きのハウステンボスの
社長になって、東京から住まいもハウステンボスに移し、
本気で企業再生に取り組んだ証が、本書に綴られている。

本書を読んで、澤田メソッドはさることながら、
澤田さん自身が、人を楽しませることが好きなんだな~
と、すごく感じた。
本書の冒頭の書き出しは、
『ここだけの話にして欲しいのだが、実はサンタクロースに
 変装すると、とても楽しい(笑)』から始まる。
ハウステンボスのクリスマスシーズンには、社長自ら扮した
澤田サンタが登場するらしい。
そこには、経営者としての目線だけではなく、
自ら顧客と接点を持ち、楽しみ、その直接目で見て体験した
ことを次の事業のアイデアに取り込んでおられるのだろう
ということが垣間見れる。

今日、何気にテレビを観ていたら、ハウステンボスの
ニュースが流れていた。
今度は、テーマパーク内に新しいホテルを開業されるとのこと。
その名も『変なホテル』。
内容を聞くと、ローコストにこだわったホテルらしいのだが、
それを『変なホテル』と命名するところが、澤田マジックなのだろう。

私のような澤田ファンは、この『変なホテル』って
どこがどう変なのだろう??と興味を惹きつけられる。
ただ単に、安い価格で泊まるだけではない、そこに
『旅』を満喫させるエッセンスが詰まっているはずだ。

そう、22年前のあのイギリス旅行のように・・

澤田さんが、ハウステンボスの社長をしている限り、
ハウステンボスは進化し続けるだろう。

大阪で生まれ京都で育ち、恩師や友人に別れを告げ、
九州に新天地を追い求めてきた私にとって、
同じ大阪生まれで、H.I.Sの社長を若い後任に任せ、
今は九州にどっぷり浸かっている男、澤田 秀雄の生き方!!に
共感せずにはいられません。

これからも、ハウステンボスの進化させ続ける澤田 秀雄さんに
共鳴と刺激を受けながら、同じく九州を活性化させていきたい
わたしです。
[PR]
by tadamatsu-ken | 2015-01-27 23:49 | 目から鱗本

営業パーソンのための自己改革ブログ


by tadamatsu-ken
プロフィールを見る
画像一覧