Y社長の魂

もうお盆ですね・・
1年早いな~

お盆は、いつもブログを更新しておりますが、
今年も私は受験生007.gif
3日間はお勉強の日々を送りたいと思います。

ただ、今年はどうしてもしなければいけないことが・・
それは、昨年亡くなられたE不動産のY社長へお別れのご挨拶に行くこと。

昨年、その社長から1本の電話を頂きました。
その電話の内容は、なかなか売却できない中古住宅をリフォームして
売れるようにできないか?という相談でした。
いつも、お客様のために儲からない仕事でも引き受ける
人の良い社長でしたが、今回もそんな相談を受けた私・・
『なんとかやってみましょう!』と答えて、
約束の時間に糟屋郡須恵町の売主様宅に行ったのでした。

しかし、お客様のところで待ってたのですが、
肝心の社長が来ない・・
30分待っても現われないので、お客様と話していましたが、
それでも来ないので、携帯に電話するも留守電にしかならない。
9年間のお付き合いの中で、こんなことは初めてだった。
いつも、私が着く前に待ち合わせ場所にいた社長。
いつも心配症なのか、困った顔で待っていた社長。
優しい笑顔でお客様に相談に乗っていた社長。
不器用だけど一生懸命仕事をしていた社長・・・

実は、待ち合わせの日の2日前に社長は、この世からいなくなっていたのです。
待ち合わせの日が、社長の葬儀の日だったのです。

何回電話しても、出てくれることはないはずです。
私が訃報を知ったのは、それから1週間以上経ってからでした。
これは、病気で入院しているか、何かのはずだと思って、
知り合いのT社長に電話した時に、初めてY社長が亡くなられたことを
知ったのでした。

今から10年前に、只松建設に入社してほどない私の1棟目の新築契約の
時に、土地の仲介をして頂いた不動産業者の社長がY社長でした。
たくさんの不動産屋さんのなか、もともとハウスメーカー出身だった
Y社長は、建築屋の営業マンの気持ちを理解してくれる希少な存在でした。
それから9年間、ほんとうに可愛がってもらい、たくさんのお客様と
ご縁を結んでいただきました。

そんなお世話になったY社長とちゃんとお別れが言えずに今日まで
心がすっきりしない状態でした。
本日、朝一で社長のご自宅に訪問しました。
そこには、笑顔のY社長の遺影がありました。

遺影の前で手を合わし、心の中で、『お帰りなさい』と語り掛けました。
今まで9年間のお礼を告げて、やっと私とY社長とのお別れが済みました。

Y社長との別れはすごく寂しいことだけど、
遺影を見つめていたら、『柳澤君!これからもお客様のために頑張れよ・・』
と、言われているような気がしました。

最後の相談電話の3ヶ月前に余命1年の宣告を受けていたと本日知りました。
自分は残りの時間が少ないことを知っていたのに・・
自分のことを後回しにしても、お客様のことを一番に考えていたY社長。

その考えが、私の営業魂の一部でちゃんと生き続けています。

Y社長・・ほんとうにありがとうございました。




にほんブログ村
[PR]
by tadamatsu-ken | 2013-08-13 23:13 | 私という人間

営業パーソンのための自己改革ブログ


by tadamatsu-ken
プロフィールを見る
画像一覧