時間を使うという行為

前に、「プレゼントさせてくれてありがとう!」という気持ちのことを
このブログに書きましたが、本日もそれと類似する日常のプチセオリーを
書きたいと思います。

人は、身近な人に対して何をしてあげれば、喜ばれるものなのだろう?

プレゼントを買ってあげる。

美味しいものをご馳走してあげる。

楽しい場所に連れて行ってあげる。

面白い話をきかせてあげる。

肩を揉んであげる。

家族や両親に対してやってあげたらどうかと思うことを考えてみましたが・・

どれも違うような気がします。

41年生きてきて、人が人にする一番の奉仕とはこれだと思うようになりました。

それは・・

『時間を使う』という行為です。


例えば、プレゼントを買う時に一番意味のあるものは、
『お金を使うこと』ではなく、そのプレゼントを買うまでに使った時間そのものだ。

何が気に入るのかな~?とか・・

あの人には、この色が似合いそうだな~とか考える時間。

それを選び、お店を探し、プレゼントを購入するための時間。

買ったものをいつ渡そうか、渡した時にどう喜んでくれるかを思い巡らす時間・・

その時間そのものに意味がある。

また、相手に対する気持ちが強いほど、時間も多く取りたくなる。

大切な人に、時間を多く取る行為こそが『愛』なんじゃないかと思うのです。


もし、あなたが怒られることがあって、しつこく説教されることがあっても
その時間そのものにも『愛』が隠れていることに気づいて欲しいと思う。

あなたに興味がなければ、誰も時間を取ろうとしない。
どんな形でさえ、相手が時間を取って何かをしてくれている時は、
必ず何かしらの『愛』があるのだ・・・

誰に対して発している言葉かって?

それは、あなたに対してですよ。


営業魂オリジナルバナーです!
クリックよろしく_(._.)_
にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村
[PR]
by tadamatsu-ken | 2013-01-23 23:17 | 日常のプチセオリー

営業パーソンのための自己改革ブログ


by tadamatsu-ken
プロフィールを見る
画像一覧