成功への道

突然ですが、年賀状って風習はなくなりつつあるのでしょうかね~

仕事柄、営業マンということで毎年300枚近くの年賀状を出す
私でありますが、その内返ってくるのは50枚あるかないか・・
250人の方は年賀状を出すことをやめているのか、どういうこっちゃ?

それなら、年賀状出すのやめればいいじゃないか!
と言われそうですが・・別に返して欲しくて書いているのではありません。
年賀状という日本らしい風習が個人的に気に入っているだけです。

ただ、メールなどの通信技術の進歩で年賀状を出す人は年々少なくなってきてます。
実は、そんな風潮を私としてはなかなか気に入っているのです。
だって、自分が毎年必ずすること、すなわち無理せず出来ることを
他の人がしなくなれば、それだけ希少価値が上がるというもの。

「他の人が書かないなら、自分もやめようかな」と思うのは、
非常にもったいない大衆的な考え方だ。
「他の人が書かないなら、自分の年賀状は少ない中でより目立つのではないか、
そのほうが自分のことを思い出していただく可能性は高くなる。
どうせ頼むならいつも年賀状をくれているあの人に頼もうか~
なんて思ってくれるのではないか」(せこい?)
・・くらい思っていてもいいかもしれない。

成功者の大原則は、前にも書きましたが、人がしないことをやる。
“5%の人間になる”ことが、あらゆるビジネスシーンで有効なのです。

人と同じことをするから、いつまで経っても他人より優れた部分が
見えてこなかったり、皆が集まるところに行って同じことをするから
待ったり、並んだりするような時間的なロスが生まれる。
年賀状もしかり、人がやらなくなることを歓迎しよう!
そして、人がやらない、もしくはやめるものにどんどんチャレンジして行こう~066.gif

その思考こそが、成功へと導く第一歩かもしれない。(かもかい!)
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by tadamatsu-ken | 2012-01-05 23:03 | 日常のプチセオリー

営業パーソンのための自己改革ブログ


by tadamatsu-ken
プロフィールを見る
画像一覧