メッセージ

現場監督の花ちゃんへ

いつも照れるので面と向かっては正直な気持ちが伝えられないですが、
せっかくブログやっているので、この場を借りて今の気持ちを伝えて
おこうと思います。

俺は、花ちゃんと今年も同じ会社で働けることに希望と喜びを感じています。
振り返れば、昨年はいろんなことがありました。
8月に突然、O君が辞めると言い出した時は、本当に驚き、悲しみましたが、
それと同時に、あれだけO君と仲の良かった花ちゃんまでもが
辞めると言い出さないか不安で仕方ありませんでした・・
すぐに社長と3人で話す機会を持ちましたが、花ちゃんからの返事は
やはり辞めたいとの一言でしたね。
O君の時もそうでしたが、俺は人の人生に責任が持てないと思うから
一言でも「辞めたい」と発した奴に、思い留まって欲しいとはよう言えんかった。
「辞めたければ辞めればいい・・すべて自分の意思で決めるべきだ!」
その後、花ちゃんにも終始そんな感じで接してきたと思います。

そんな中、現場で苦しみながらも必死で頑張っている花ちゃんを見て、
自分のことのように苦しい気持ちになりました。
それは、他のみんなも同じだったと思います。
後日聞いた話だと、もうケツを割ってしまおうかと何度も思ったみたいですね。
正直、そうしたとしても誰も花ちゃんのことは責めなかったと思います。
でも、花ちゃんはそうしなかったし、辞めるにしても、ちゃんと
現場を収めてから辞めようと思ってくれました。
花ちゃんの正直さ、素直さ、一所懸命さが伝わってきました・・
あの時、只松建設のみんなが感動し応援しようと思った瞬間があったと思います。
そして、現場の山を越え、お店のオープンを迎えた時の花ちゃんの顔は
誰が見ても、一皮剥けた男の顔になっていました・・

花ちゃんと俺の付き合いも早いもので丸7年になります。
今までは期待の方が勝っていたせいかダメ出しばかりしてきたし、
もっと成長して欲しいとの願望が強すぎて花ちゃんにとっては重荷に
なっていたかもしれません。
しかし、今回の現場を通じて、お客様が希望すること、プロの現場監督と
しての立ち振る舞い、会社での自分の役割、仲間の力、そして自分の今の力・・
いろんなことが分かったのではないでしょうか。

俺はそんな花ちゃんへの気持ちが変わっていっていることに気がつきました。
『もっと、こいつと仕事がしたい・・』
『一緒に成長していきたい!』
そんな想いが沸々と込み上げてきました。
思い留まれる気持ちが少しでもあるのなら、考えて欲しい・・
少々、弱気な意思の伝え方だったと思いますが、あの時はそれが精一杯でした。
それから、相談役、社長、尚子さん、大工の大野さん、大ちゃん、会社を去った
O君までもが、会社に残るように勧めてくれましたね。
さっき、俺は人の人生に責任が持てないと言いましたが、周りにこの仲間が
いてくれるなら責任の一旦は担えるなと思いました。この気持ちはたぶんみんなも
同じだと思います。
最終的には、花ちゃん自身がこれからも只松建設で働こうと決心してくれたので、
みんなが望んでいた結果となりましたが、みんなの気持ちを
受け止めてくれたことへの借りは、また花ちゃんが困っていたら手を差し伸べ、
気持ちを返していこうという想いを各々持っていると思います・・

先日、D様邸の現場打合せを一緒にして、やっぱり花ちゃんがいてくれて
良かったと心から思いました。
それは、気心知れているからとか、楽だからとかではなく、
同じ想いを持ち、支え合えるもの同士が、お客様を満足させていくことが
一番営業マン冥利に尽きることなのだろうと思うからです。
今はまだ、只松建設は成長段階にあり、これからも多くの試練を乗り越えて
いかなければならないと思いますが、まず、俺と花ちゃんで最高の協力体制を
作っていこうよ。
それを、営業と工務の下にお互い伝えていくことが出来たなら、只松建設は
もっともっと素晴らしい会社になれるのだと思います。

長々書きましたが、これが俺の今の想いです。
気持ちは想って50%、伝えて100%になるのだから、
やっぱりクソ恥ずかしいですが・・伝えておきたいと思います。
さあ、明日から2012年の仕事始めです。
今年もいっちょ頑張りましょう!!
仲間とともに!!!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by tadamatsu-ken | 2012-01-04 17:08

営業パーソンのための自己改革ブログ


by tadamatsu-ken
プロフィールを見る
画像一覧