TADAMATSU EXPO 2011

先週の金曜日に毎年恒例のイベントが行われました。
私が企画して3年目になるこの催しは、
いつもお世話になっている不動産業者などのパートナー企業を
招待して、只松建設のこれから進む業態をプレゼンして、
ご理解いただき、懇親会を通じて親交を深めるためのものです。

只松建設は紹介受注率が実に70%の会社です。
その内、毎年開催するこの会に出席頂いている方からの紹介が
90%を占めます。
これが、今の会社を支えて頂いていることは明確な事実である。
紹介受注率の高い会社は健全で強い会社だと言われます。
それは、エンドユーザーとの間にも、パートナー企業との間にも
『人』のつながりがあるからだと思います。
営業マンの根底にある『顧客愛』は、幅広い人に向けて発信していく
べきだと思うのが私の持論です。

それと同時に、ビジネスの卵はどこからでも拾うことができる
ということだと思います。
しかしながら、卵は人を介してからでないと運ばれることはありません。
人を大事にし、人の助けをする・・
そうやって初めて新鮮な卵をすこしづつ分けてもらえるのではないでしょうか。

話戻しまして、この催しの意義を改めて後輩向けに書きたいと思います。
先述したように、紹介受注率を高めることが安定した営業成績につながる
ことは明白ですが、年に一度のこの催しに何人のお客様を呼ぶことが
出来るかが、営業マンの今の営業レベルに直結する。
なので、私は部下の査定をする時に、この催しを一番のテストの場と
捉えている。
何人呼べるか?来た人はどんな方か?日頃部下がどのようにお役に立てて
いるのか?1年を振り返ってどんな仕事を一緒にさせていただいたのか?
50:50の関係をつくれているのか?・・など
積極的にお話していくと、部下のレベルが手に取るように解ってくる。
それを見て、今足りないところやもっと掘り下げるべきところをアドバイス
していように心掛けている。

ご来場いただいたパートナー企業様も、今まで1年間、対営業マンとの
『個』のつながりだけだったものが、上司や社長を通じての会社全体である
『面』のつながりになり、より企業間パートナーシップが増すと考えている。

“ローマは一日にしてならず”という言葉があるが、
業者さんに対しての信頼関係も同じことだと思う。
私がこの十年で創りあげた人間関係はまさに“宝”だ。

部下にも同じような“宝”を創っていってもらいたいと思う・・

b0164364_033194.jpg

総勢50人の前でのプレゼン!毎年緊張します・・

b0164364_0355724.jpg

新社長のあいさつ。やっぱりうちの社長は男前です!

b0164364_0375714.jpg

みなさん、顔だけでなく長い私の話を真剣に聞いて頂いてました。(感謝!)

b0164364_0401695.jpg

私の愛すべき3人。(杉ちゃんは2次会から合流しました)

b0164364_0425219.jpg

三井のリハウスさんは今年最多出場です。
脇坂さんと新しいパートナーシップを構築中です♪

b0164364_14150.jpg

師匠は今年始めての参加です~松信師匠!これからが楽しみでんな~♪

b0164364_0452432.jpg

尊敬してます!辻社長。古川社長。そして昨年の最多紹介数の吉永の兄貴!

b0164364_0481140.jpg

他にもたくさんの方にお見えいただきました。ありがとうございました!

b0164364_0493788.jpg

社長と私。
念願叶っての2ショットです!ちょっと間が抜けた顔ですね(笑)


ご来場頂いた方~
クリック↓お願いします~
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by tadamatsu-ken | 2011-07-24 23:30

営業パーソンのための自己改革ブログ


by tadamatsu-ken
プロフィールを見る
画像一覧