自己リフォーム

b0164364_125418.jpg本日は、「儲かる仕組みは社長がつくれ!」から抜粋して“宝言葉”を紹介します。

ところで、言い訳とはなんだろう?それは上手くいかないときの理由づけである。
よく遅刻する社員がいるとする。「なぜ遅刻したのか?」と聞くと、「道が渋滞していたんです」という。しばらくするとまた遅刻する。「今日はどうした?」と聞くと、「目覚まし時計が止まっていたもので」と別の理由をいう。それはすべて事実であることは間違いないが遅刻しない人にはその理由がない。
遅刻する人はいつも遅刻するが、遅刻しない人は年間通してほとんどしない。

これは、会社が黒字か赤字かということと同じである。
会社を黒字にする経営者は遅刻をしない人と同じだ。
すなわちできない理由(言い訳)がない。
ところが、赤字の会社の経営者には上手くいかない理由づけがたくさんある。
できない理由そのものを「言い訳」といい、できる人には存在しない。

(「儲かる仕組みは社長がつくれ!」より)

これを読んで、自問自答してみた。
「おまえは、言い訳ばかりしていないか?」
そう、私は言い訳ばかりしている・・
ここ数日、社長にも怒られてばかりだ。

いくら数字を稼いでもプロセスで言い訳の多いことばかりしていたら
周囲からの信頼を得ることは出来ないだろう。
自分の欠点を顕在化させ、自分をリフォームする。
これって社会人にとって何より重要ですよね。

社長や上司は、欠点を自ら気付かせるようにしていく存在なのです。

勉強になりました!


CLICK! ↓HERE
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by tadamatsu-ken | 2011-07-06 23:23 | 私という人間

営業パーソンのための自己改革ブログ


by tadamatsu-ken
プロフィールを見る
画像一覧