7月1日

今日7月1日。私の勤める只松建設では、新社長を迎え入れる人事が
行われた。
先週、突然発表された社長交代に社員一同驚きを隠せなかったが、
それから1週間と短い間に新社長がやってきた。
やってきたと言っても、今まで一緒に仕事をしてきたグループ会社の
社長である。今回、今まで社長をしていた会社を合せて2社の社長に
就任することになる。
一社員から見ても、大変な仕事だと思う。それくらい、社長の肩に
背負うものは大きい。
以前のブログにも書いたが、私は上司や社長に対して、たぶん人より
重きを置いてしまうところがあると思う。昔の武家社会ではないが、
自分が半人前の時は、誰かを信じ、師と仰ぎ、その人の為に努力する。
家老と家臣のような関係が、サラリーマン社会にも必要だと本気で
思っている古い人間である。

今回、新社長に就任された只松幹雄社長は、そんな自分の気持ちを
かきたててくれる数少ない人だと思う。ずっと前から、この人と
社長と社員の関係で働きたいと思ってきた。
『一緒に働きたい人をみつけよう!』と前に書いたが、私にとって
新社長こそ、同じ方向を向いて全力で走り続けたい人である。

これから、只松建設は新社長のもと大きく変わって行くだろう。
100年に一度の不況と言われる時代・・変わってもらわなくては
困る。
私もまだまだ半人前、必死で食らいついて振り落とされないように
努力したいと思う。


と、以上の文章は、くしくもちょうど2年前に書いた文章です。
事情あって、このブログは1週間だけ掲載してすぐに消してしまいました。

あれから2年・・
まったく同じ状況ではないけれど、
気持ちは微塵も変わらない自分が居る。

そして、これからもっともっと只松建設を愛せるように努力したいと思います。


クリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by tadamatsu-ken | 2011-07-01 23:25

営業パーソンのための自己改革ブログ


by tadamatsu-ken
プロフィールを見る
画像一覧