経験

課長2年生の柳澤です。

やっぱり中間管理職ってのは違いますね。
どう違うかって言うと、

『責任』でしょうか・・

今まで組織的に下にいる営業マンは居たけれど、
中間管理職としての後輩営業マンは特別な存在。
この会社で、今の後輩を初めて『部下』って呼んでます。

最近、「上司は部下に何をするべきか?」ってよく考えます。
営業マンとしての仕事、課長としての仕事は何をするべきかを考えれますが、
上司としての仕事が一番難しいのかもしれませんね・・

私には、正解がまだみつかりません。
だから、たったひとつ私が新入社員のころに上司にしてもらったことの
記憶を辿るしか方法がわからないのです。

私は恵まれた新入社員だったと思います。
鬼のようなやさしい上司にキメ細やかな指導をしてもらいました。
時にはその指導に反発して暴言を吐いてしまったこともありましたが、
その時の上司は私を一人前の営業マンにすることを諦めませんでした。
すべてが、私の社会人としての人生にプラスになるように
行動に意味を持たせてくれたのです。(ありがたや~)

特に、上司がしてくれたこと。
それは、『経験』を積ませてくれたことだと思います。
営業マンの場合『経験』が血となり肉となる。
健康な肉体は、健全な心が宿る。
この営業マンとしてのベースがしっかりしてないと、
ちゃんとした営業活動は出来ないのである。

また、営業マンの中でも『住宅営業』の場合は、売るものが大きいため、
経験を積ませることが極端に難しい。
だから、上司は営業マンとしての『経験』を積ませることに
重きを置くべきだ。
経験させて、その上出来ないことは叱らなければならないが、
一度も経験させていないことは、出来なくても叱れない。
まず、『経験』させてから次の指導をしていく。
この順序を間違っては、伸びる子も伸びなくなる。

指導される部下も、その気持ちを汲んでスキルを高めていかなければならない。
『経験』をさせてもらっていることに感謝し、
学ぶ意欲を高く持って欲しいと思う。

会社は組織集団だ。
部下の数字目標は上司の数字目標。
上司の仕事は部下の仕事。

そして組織の一員は、みんなで数字を作っていることを頭に置いて
共にがんばっていきたいと思います・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by tadamatsu-ken | 2011-06-12 22:52

営業パーソンのための自己改革ブログ


by tadamatsu-ken
プロフィールを見る
画像一覧