電気自動車新時代

福岡のイーロン・マスクこと柳澤です(笑)
以前から、太陽光!太陽光!と言っている私ですが、最近は電気自動車!!電気自動車!!と言っています。
来てますね、電気自動車!ピコ太郎見てる暇あったら、電気自動車の未来を見た方が庶民の生活は有益にはたらきます。
私は住宅を建てるお客様に、必ず将来の電気自動車の導入を前提としたお話をします。中には鼻で笑われるお客様もおられますが、将来あの時、あの営業マンは電気自動車のこと熱く語ってたな~と思いだされるはず。
まず、電気自動車の今のポテンシャルをみてみましょう。日産新型リーフの航続距離は280km。バッテリー容量は30kwh。充電にかかる費用は深夜電力利用で約400円ほど。なんとガソリンに換算すると1ℓあたりの燃費80kmを超えます。ハイブリッド車やPHVと比べても他の追従を許さない燃費の良さです。
問題なのが車体価格の高さですが、リチュウムイオンバッテリーの価格は急速に下がっており、10年後にはガソリン車を上回る価格メリットが出ると言われています。
10年後には倍以上の充電が可能になると想定して、航続距離が600kmになればガソリン車となんら変わらなくなります。その時点で、同じ価格の車で満タン1000円弱の電気自動車と満タン5000円超えのガソリン車のどちらを選ぶでしょうか?答えは明白です。
テスラモーターズのCEOイーロン・マスクが、トヨタのミライを鼻で笑ったとのことですが、水素自動車が普及するのは、まずないですね。その理由は、電気ステーション1機つくるのに100万円らしいですが、水素ステーション1機にかかる費用は、いくらだと思います?
4~5億円だって!そらイーロンさん鼻で笑うはずです・・
でも、知ってました?テスラとトヨタは電気自動車開発で提携してるんだって。ウィキペディアに載ってました。
さすがというか、抜け目ないですね豊田 章男さんは。スズキとも提携しましたからね。なんだかんだ言うてもやっぱりトヨタのひとり勝ちなんでしょうね。今も未来も・・
ということで、10年もしないうちに、トヨタとテスラの共同開発車が日本で売られ、爆発的な人気を得るのは間違いなしですね。
個人的には、1947年から電気自動車を開発してきた日産に頑張ってもらいたい気持ちでいっぱいです。猫も杓子も電気自動車という時代になった時に、この功績を忘れてはいけません。世間が鼻で笑ってた時代にここまで電気自動車普及に尽力したわけですからね。
住宅の購入を考えているお客様!
電気自動車の普及する未来を見据えて、太陽光付の住宅を検討してみてください。将来必ず、電気代もガソリン代も値上がりします。老後に電気を買わない生活を実現できるものは、太陽光しかありません。
やっぱり太陽光!!言うてしまいました・・・

b0164364_041755.jpg

もうすぐ発売!テスラ モデル3 航続距離345kmでなんと386万円!!欲しい~

にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村
[PR]
# by tadamatsu-ken | 2016-10-16 23:03 | マイホームを考えているお客様へ

不変のスタイル

俺とロックというテーマで時にはゆるーく、時には熱く語っていきます!
第一回目の本日は、ロックといえばこのバンド。
私が一番好きなのがRAMONESです。
b0164364_1737617.jpg

確か1988年頃にロックの先輩に勧められて「ラモーンズの激情」を聴いて以来、もうこのバンドの虜になってしまいました。音楽そのものも、もちろん好きなのですが、私が気に入ったのは、今ではアイコン化したファッションスタイルでした。破れたジーンズにTシャツとライダース…まぁ、髪型以外はパクりましたね。いまだにこのスタイルが世の中で一番かっこいいと思っている。ロックを音楽だけでなく、スタイルとして確立したバンドは世界広しと言えど、RAMONESだけでしょう。
この功績は、ギタリストであるジョニーによるもので、小さなライブハウスで、まだ客が数人のころから、このスタイルを作りきっている。だいたい初期のころはぜんぜん違うタイプのバンドだったってのは良く聞く話ですが(ジューダスとかね)、ジョニーの確信的なスタイル設定は天才的です。
しかし、PUNKが下火になった80年代は、世界一のマンネリバンドなどと言われ、レコードも売れない、ライブは客が入らない状態になった。
でも、1974年の結成以来、解散まで22年間このスタイルを守り続けたジョニー。ジョニー没後も40年以上に渡り世界の人々が愛し続けているRAMONES…

人間、中身は変化し続けていくべきだ。
でも、アティテュードは不変であるべきだと思う。

ジョニーがつくったスタイルは、その音楽やファッションだけでなく
私の生き方そのものに大きな影響を与えてくれました。
どんなことにもめげずに続けていくアティテュード(姿勢)はRAMONESと共に私の心に生き続けています。

b0164364_1335981.jpg



ちなみに、中島らもはラモーンズではありません。
知ってた方はクリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村
[PR]
# by tadamatsu-ken | 2016-10-01 13:05 | 俺とロック

俺の隣のおっとこ前

カテゴリ別に書くのは久しぶりです。
この数年でたくさんの超人に会ってきた私ですが、その中でも、自分の思想に近い人であり、人間的に大好きな人を紹介致します。
その方は・・

b0164364_13013383.jpeg

スターグランツの細田 光孝さんです。
このお方は、ブレインコピーの天才!
ブレインコピーとは、人の頭の中に入っている
知識をコピーすることを言います。
でも、単純にコピーしても意味があまりありません。
仕事が出来る人は、そのやり方を体系的に自分で捉えている人は少なく、ほとんどが無意識にやってる行動なのです。
だから、名選手名監督にはならずというように、自分の営業手法を部下に教える際に、その考え方をどのように伝えたらいいのか迷う人は多いはず・・
私の場合は上司から教えてもらうどころか見て盗め!って言われたものです。
しかしながら、今の若い子にはそれは通用しません。
どこの会社も、若手が育たない原因はそこにある場合が多い。
そこで、細田さん。
細田さんは、出来る営業の潜在意識にある行動を分析して、それを誰もが理解できる営業ツールを作成する天才なのです。
当社のコンサルタントとしてお願いしていた時に3つのツールを作ってもらいましたが、そのツールが営業のベースツールに今ではなっています。
斯く言う私も、このツールのおかげで昨年は営業コンクール全国1位の名誉ある賞を戴くことが出来ました。
ほんとに出会いに感謝です…

まだまだ知名度はない細田 光孝さんですが、
いずれブレイクすることでしょう。
なんか、確信してるんですよね〜なぜか…

細田さんに有名になっても、コンサル料は
据え置きでお願いね!(笑)と言ってる柳澤でございます。


にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村f
[PR]
# by tadamatsu-ken | 2016-09-28 17:51 | 俺の隣のおっとこ前たち

お客様の理解

しばらくブログを離れていたので、何を書こうか迷っていました。

今日は少し時間があったので、前に書いたものを読み返してみたのですが、
3年前に書いた『太陽光新時代』なんて、自分で言うのもなんですけど
よく書けていると思うんですよ。
この3年で、たくさんの方にこの考えを理解して頂き、太陽光付の新築を
建てて頂きましたが、このブログを読んで、是非お話聞かせてください~!
なんて人は皆無でした。

契約頂いたお客様も、最初は眉唾物のような受け取り方をされていて
何回も何回も、こっちが真剣に話をしなければ、受け入れて頂くことは
なかなか難しいものでした。

私は、お客様の利益を最大化するための営業を心がけているつもりですが、
お客様からすれば、騙されているんじゃないか?とか、
そんな旨い話があるはずないなんて疑心暗鬼になられてしまうんでしょうね・・

なので、お客様の理解を得るためには、成功のメソッドを考えるだけでは足りず、
その方法を自ら体験して、その信ぴょう性を明らかにしてから、信念と情熱を持って
お客様にアタックし続けることが必要なんですね。
分かる人にだけわかってもらえばいいという考え方が通るのは、芸術家くらいのものです。
営業マンは、お客様に理解されるまで、話続けないといけない生き物です。

そして、お客様が、「あなたに出会えて本当によかった」と10年後に言って
いただけるような意味のある営業をやっていきましょう。

久しぶりに熱く書いちゃいました026.gif
こんなブログですが、理解して頂けるまで書き続けます!!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅営業へ
にほんブログ村
xoqm4q
[PR]
# by tadamatsu-ken | 2016-09-21 21:42 | 営業の仕事

原点回帰

先月のお盆休みに20年ぶりに友人と会いました。
小学校1年生からの親友で、あだ名は『うまお』君。
え?それはお前のあだ名やろ?って⁈(笑)
この歳になると親友の存在ってありがたいですね。
常に上司やお客様との関係で時にはストレスを感じる
ビジネスパーソンには、スクラッチな関係で気兼ねなしに
話し込める友人はかけがえのない存在です。

その親友宅で、お母さんが残してくれていた1枚の写真・・
なんか当時を思い出して、微笑ましくなりました。
b0164364_812114.jpg

俺もこんな時があったんだなーって・・
面白いことばかり考えて、つまらないことばかりやってましたが(苦笑)
対人恐怖症で、知らない人と話すことができなかった自分が
営業マンになるなんて、考えられないことです。
人って変われる生き物なんですね。
そんな原点回帰の旅でした。
[PR]
# by tadamatsu-ken | 2016-09-20 08:19 | 私という人間

営業パーソンのための自己改革ブログ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31